@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

らくのみ【らくのみ】

大辞林 第三版

らくのみ
連語
中古から中世にかけての語。漢文訓読文から出たもの
文末に用いられて、強く断定する意を表す。…のだ。…ばかりだ。
接尾語「らく」に副助詞「のみ」の付いたもの。 人天を利せむとして、地より而も涌出す-/金光明最勝王経 平安初期点 空しきおもえかりのごとくも、つたなきをのみあらはす-/内大臣家歌合 元永二
ラ行四段・ラ変に活用する語のク語法「らく」に副助詞「のみ」の付いたもの。 中間も有ること無きものを、而も執著す可けむやとして、増も無く減も無きひとあ-/金光明最勝王経 平安初期点 禅那は諸行の一つな-/正法眼蔵

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らくのみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

らくのみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation