@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

らく【ラク】

デジタル大辞泉

らく[接尾]
[接尾]上一段活用動詞の未然形、上二段・下二段・カ行変格・サ行変格・ナ行変格活用の動詞および助動詞「つ」「ぬ」「しむ」「ゆ」などの終止形に付く。
上の活用語を体言化し、…すること、の意を表す。また、…する時、などの意を表す場合もある。
「潮満てば入りぬる磯の草なれや見―少なく恋ふ―の多き」〈・一三九四〉
「告ぐ」「申しつ」などに付いて引用文を導き、…することには、という意を表す。
「神代よりいひ伝(つ)て来―そらみつ大和の国は」〈・八九四〉
文末にあって詠嘆の意を表す。助詞「に」または「も」を伴うこともある。…することよ。…であることよ。
「天の川なづさひ渡り君が手もいまだまかねば夜のふけぬ―」〈・二〇七一〉
[補説](1) 「く」とともにク語法、またはカ行延言の語尾ともよばれる。(2) 「らく」は、平安時代以降は造語力を失い、「桜花散りかひくもれ老いらくの来むといふなる道まがふがに」〈古今・賀〉などのように、少数の語にのみ残ったが、後世になって誤った類推から、「望むらく」「惜しむらく」のように、四段活用の語にも付いた形がみられるようになった。「望むらくはあと一歩の努力が足りない」「やり手だが、惜しむらくは好運に恵まれない」→[接尾]ク語法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ら‐く[連語]
[連語]《完了の助動詞「り」のク語法。上代語》…ていること。…てあること。
「さ雄鹿の小野の草伏しいちしろく我が問はなくに人の知れ―」〈・二二六八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らく

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らく
完了の助動詞のク語法。上代語
…ていること。…てあること。 床じものうち臥い伏して思ひつつ嘆き伏せ-/万葉集 886 さ雄鹿の小野の草伏しいちしろく我が問はなくに人の知れ-/万葉集 2268

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らく
接尾
上代語
上一段動詞の未然形、上二段・下二段・カ変・サ変・ナ変の動詞および助動詞「つ」「ぬ」「しむ」「ゆ」などの終止形に付く。
上の活用語を体言化し、「…こと」の意を表す。 潮満てば入りぬる磯の草なれや見-少なく恋ふ-の多き/万葉集 1394
「告ぐ」「申しつ」などに付いて、引用文を導き、「…ことには」「…のには」の意を表す。 故、白まおしつ-、僕は妣ははの国に往かむと欲ひて哭くなり、とまをしつ/古事記 里人のあれに告ぐ-山辺やまびには桜花散り容鳥かおとりの間無くしば鳴く/万葉集 3973
文末にあって詠嘆の意を表す。助詞「も」や「に」を伴うこともある。 天の川なづさひ渡り君が手もいまだまかねば夜のふけぬ-/万葉集 2071 飫宇おうの海の河原の千鳥汝が鳴けばわが佐保川の思ほゆ-に/万葉集 371 (1) とともにク語法、またはカ行延言の語尾とも呼ばれる。 (2) 中古以降は造語力を失い、老いらくなど二、三の語にのみ固定的に残ったが、後世に誤った類推から望むらくのように、四段活用の語にも付いた形が現れた。桜花散りかひくもれ老い-の来むといふなる道まがふがに/古今 接尾語ク語法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らく
〘接尾〙
[一] 活用語に付いて、これを名詞化する。意味・用法は、四段・ラ変動詞や形容詞の未然形に付く「く」と同じ。上二段・下二段・カ変・サ変・ナ変活用動詞やこれに準ずる活用をする助動詞の終止形、上一段活用動詞の未然形(または連用形)に付く。→語誌(1)。
① 名詞化された語が、主語や連用修飾語となる場合。多くは「…すること」の意、時には「…する時」などの意となる場合もある。
※書紀(720)崇神一〇年九月・歌謡「御間城入彦(みまきいりびこ)はや 〈略〉(一云)大き戸より うかかひて 殺さむと す羅句(ラク)を知らに 姫遊びすも」
② 「告ぐ」「申しつ」などに付いて、引用文を導く場合。
※古事記(712)上「大御神の命以ちて、僕が哭き伊佐知流事を問ひ賜へり。故、白(まを)し都良久(つラク)
③ 文末、特に歌の末にあって、これを名詞止めの感動表現とする。「…らくに」「…らくも」の形をとることも多い。…することよ。…であることよ。
※万葉(8C後)四・四八五「夜は 夜の明くるきはみ 思ひつつ 眠(い)も寝かてにと 明かしつ良久(ラク)も 長き此の夜を」
[二] (中古以降、(一)の形にひかれて、四段活用動詞にも付けるようになったもの) 「…すること」の意で、引用文を導く。→語誌(2)。
※法華義疏長保四年点(1002)一「故に天女の身子を誥(なしる)らく、汝、解脱无は名なりと」
[語誌](1)(一)は、いわゆるク語法の一形態として説明されるものであるが、「く」とともに独立して意識され、(二)の用法を生むに至るので、接尾語として扱った。ク語法の成立については諸説がある。→「く」の補注・ク語法。
(2)平安時代、ク語法は一般にすたれて、主として漢文訓読に残るようになり、そこで用いられる「おそるらくは」「…すらく」などから「終止形+らく」という分析が生じて、後には「惜しむらく」「望むらく」など、四段活用の終止形に「らく」の付いた形が現われた。多くは、下に助詞「は」を伴って用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ら‐く
(完了の助動詞「り」のク語法) …ていること。…てあること。
※万葉(8C後)五・八八六「床じもの 打臥い伏して 思ひつつ 歎き伏せ良久(ラク)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

らくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation