@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

らゆ【ラユ】

デジタル大辞泉

らゆ[助動]
[助動][らえ|らえ|○|らゆる|○|○]《上代語》下二段・サ変動詞の未然形に付く。可能を表す。…られる。…できる。→
「妹(いも)を思ひ寝(い)の寝らえぬに秋の野にさ雄鹿(をしか)鳴きつ妻思ひかねて」〈・三六七八〉
[補説]「らる」に先行する助動詞。活用・意味ともに「ゆ」に準じて考えられるが、用例は少なく、「い(寝)の寝らえぬに」という例にほとんど限られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らゆ
助動 らえ ・ ○ ・ ○ ・ ○ ・ ○ ・ ○
上代の可能の助動詞。下二段活用の動詞の未然形に接続する。否定の表現を伴って、不可能の意を表す。 我が背子がかく恋ふれこそぬばたまの夢いめに見えつつ寝らえずけれ/万葉集 639 夜を長み眠の寝らえぬにあしひきの山彦とよめさ雄鹿鳴くも/万葉集 3680 (1) とともに、中古以降のらるに対応する。 (2) 活用は、との関連から下二段活用型と考えられるが、上代には未然形らえの用例だけが見られる。なお、中古の訓読文には、連体形らゆるの例が見られる。若しは諸の有情の種種に希求し憂苦に逼切せらゆるが/地蔵十輪経 元慶点 (3) らるの接続のしかたに準じて考えると、は四段・ナ変・ラ変の動詞の未然形に(実際には、ナ変に接続した例は見られない)、らゆはその他の活用の動詞の未然形に付くということになるが、上代には、ナ行下二段活用の動詞に接続した例しか見られない助動らる助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らゆ
〘助動〙 (活用は「らえ・らえ・〇・らゆる・〇・〇」。下二段型活用。下二段動詞の未然形に付く。可能の助動詞) 可能の意を表わす。
※万葉(8C後)四・六三九「吾が背子がかく恋ふれこそぬば玉の夢(いめ)に見えつつ寐不所宿(いねらえず)けれ」
[補注]四段動詞に付く「ゆ」とともに、「ゆ」‐「らゆ」の組をなして、「る」‐「らる」の組に対応するものと考えられる。しかし「ゆ」に比べ用例、用法が少なく、上代では下二段動詞「寝(ぬ・いぬ)」に付いた未然形の例「いねらえぬ」「いのねらえぬ」の形で、不可能の意を表わすものしか見られない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らゆ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

らゆの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation