@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

られる【ラレル】

デジタル大辞泉

られる[助動]
[助動][られ|られ|られる|られる|られれ|られろ(られよ)]上一段下一段カ変動詞未然形サ変動詞未然形「せ」、使役助動詞せる」「させる」の未然形に付く。
受け身の意を表す。「乗客が次々と助けられた」「花壇の中にごみを捨てられて困った」
可能の意を表す。「僕でも組み立てられる模型」「彼が落第するとは、とても考えられなかった」
自発の意を表す。自然に…となる。「性格が性格だから将来が案じられる
軽い尊敬の意を表す。「先生が入って来られた」→らるれる
[補説]サ変動詞には、未然形「さ」に「れる」が付き、「される」と用いることが多い。23の用法には命令形はない。1のうち、他からの動作により不本・不満足な感情が加わるものを「迷惑の受け身」、無生物が受け身の主語となるものを「非情の受け身」とよぶことがある。後者の表現は明治以後、翻訳文の影響などによって急速に増加した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

られる
助動 られ ・られ ・られる ・られる ・られれ ・られろられよ
自発・受け身・可能・尊敬の助動詞らるの口語形。中世以降の語
受け身・可能・自発・尊敬の助動詞。下一段型活用。ただし、可能・自発・尊敬の意を表す場合には、命令形は用いられない。上一段・下一段・カ行変格活用動詞の未然形に付く。また、サ行変格活用動詞未然形「せ」および使役の助動詞「せる」「させる」の未然形にも付く。
受け身の意を表す。
動作・作用の主体の利害に関係するもの。犬にほえられて困ったとうとう委員に選出せられてしまったよく努力した結果だと先生にほめられる
動作・作用を主体が受けるもの。利害の感情を伴わない。早く適切な措置が講じられなければならないおぼれかかった子供が助けられて、ほんとうによかった
動作・作用の結果または状態を表すことに重点を置くもの。無生物あるいは非情のものを主語とする場合で、非情の受け身とも呼ばれる。基本的人権はしだいに認められるようになってきているこの仏像は鎌倉時代の作と伝えられている
動作・作用の主体に害が及ぶもの。自動詞に付いた場合が多く、迷惑の受け身とも呼ばれる。こうしょっちゅう金を借りに来られては困ってしまう手放しでのろけられて、すっかりめんくらった
可能の意を表す。
動作・作用が主体の能力によって実現可能なことを表す。この旅客機には三百人以上の客を乗せられる車でなら二十分ほどで来られる
動作・作用の遂行が許容されていることを表す。ちょっとぐらいなら会議から抜けられる食事のときだけは起きられるようになった
動作・作用の対象の力によって、その実現が可能であることを表す。柔道には、じゅうぶん、優勝の期待がかけられるあの人だけは信じられる
動作・作用の対象の能力・程度などを評価することを表す。これなら、なんとか食べられる留守番ぐらいなら、子供たちにもまかせられる
自然にそうなる意、すなわち自発の意を表す。心情的な表現に用いられることが多い。 この子の行く末が案じられてならない もうすっかり秋の気配が感じられる
尊敬の意を表す。動作の主体に対する敬意を表す。 近いうちに、先生が帰って来られます 無事到着せられた模様です (1) れると意味・用法は同じであるが、未然形がア段となる動詞にはれるが付き、それ以外の場合はられるが付くというように、接続のしかたに分担がある。 (2) サ変動詞に接続する場合、出席されるのように、未然形のうち、れるが付くのが普通であるが、書き言葉でのやや改まった言い方では、出席せられるのように、未然形のうち、られるが付くこともあるらる助動れる助動

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

られる
〘助動〙 (活用は「られ・られ・られる・られる・られれ・られろ(られよ)」。下一段型活用。上一段・下一段活用、カ変・サ変活用の動詞、および使役の助動詞「せる」「させる」の未然形に付く) らる
(活用は「られ・られ・らる・らるる・らるれ・られよ」。下二段型活用。上一段・下一段活用、上二段・下二段活用、カ変・サ変活用の動詞、および使役の助動詞「す」「さす」の未然形に付く)
① 自発を表わす。ある動作、主として心的作用が自然に、無意識的に実現してしまうことを示す。命令形は用いられない。
※源氏(1001‐14頃)帚木「かく数ならぬ身を見も放たで、などかくしも思ふらむと心苦しき折々も侍りて、自然(じねん)に心をさめらるるやうになむ侍りし」
※徒然草(1331頃)一九「梅の匂ひにぞいにしへの事もたち返り恋しう思ひいでらるる」
② 受身を表わす。他から何らかの動作・作用の影響を受ける意を表わす。作用の受け手、すなわち受身形の主語は、人間・動物など有情のものであるのが普通である。動作を直接に受け、またその影響をこうむることによって、被害や迷惑、または恩恵などを受ける感じをも含むことが多い。ふつう、動作・作用の行ない手は、「…に」の形で表現される。
※落窪(10C後)四「かの典薬の助は蹴られたりしを病にて死にけり」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「さてかくの如き変化を経て、小説おのづから世にあらはれ、またおのづから重んぜられる」
③ 可能を表わす。ある動作をすることができる意を表わす。古代には、否定の表現を伴って不可能の意を表わすのに用いられるのが普通で、中世末以降、打消を伴わないで可能の意を表わすのにも用いられる。命令形は用いられない。
※古今(905‐914)恋二・六〇五「手も触れで月日経にける白まゆみ起き伏し夜は眠(い)こそ寝られね〈紀貫之〉」
※歌舞伎・一谷坂落(1691)二「ここは女の下りられる所でござるか」
④ 尊敬を表わす。他人の動作を表わす語に付いて、敬意を示す。「給ふ」などよりは軽いといわれ、本来敬意を含んでいる動詞に付くことが多い。中古には漢文訓読の際のことばなどには多用されるが、かな文学作品の中では比較的少なく、中古末の和漢混淆文などから多く見られる。
※枕(10C終)二三「御硯(すずり)の墨すれ、と仰せらるるに」
[語誌](1)「れる(る)」と意味・用法は等しいが、未然形がア段となる動詞には「れる(る)」が付き、それ以外の場合は「られる(らる)」が付くというように、接続に分担がある。
(2)上代では、「らゆ」という形が用いられて、「らる」は見出せない。中世には連体形「らるる」が終止法として用いられるようになり、命令形には「られい」が現われ、やがて一段活用化して「られる」となる。
(3)自発・受身・可能・尊敬の意味は、推移的に変化しているため、個々の用例においては、いずれと決めにくい場合がある。
(4)「られる(らる)」「れる(る)」の受身は、英語などの受身と異なり、単純な他動詞ばかりでなく、「目をかけられる」「自分の分まで食べられてしまった」のように目的語を伴った他動詞に付く場合、また、「人に逃げられる」のように自動詞に付く場合もある。
(5)主語が無生物の受身表現は、近代に至って急激に多用されるようになった。現在では、法律、学術書をはじめとして新聞記事、ニュース放送など客観的な叙述に多く用いられる。
(6)可能の意の「られる」の代わりに「れる」を使う新しい傾向がある。「ら抜き言葉」と呼ばれ、近年、特に口語で目立ってきている。→「れる」の語誌(1)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

られる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

られるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation