@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

りけり

精選版 日本国語大辞典

り‐けり
(完了の助動詞「り」の連用形に過去の助動詞「けり」がついたもの)
動作・作用が完了したことを確認する気持を表わす。…した。…したのだった。
※古今(905‐914)仮名序「やまとうたは、人の心を種として、万のことの葉とぞなれりける」
② 動作・状態が継続していることを確認する気持を表わす。…していた。…していたのだった。
※万葉(8C後)一九・四二三一「なでしこは秋咲くものを君が家の雪の巖に咲け理家流(リケル)かも」
[語誌](1)上代には「万葉集」に数例見られる程度である。中古になると、和文文学作品の文章に多く用いられる。ただし、勅撰集では詞書での使用が目立ち、和歌の中にはほとんど見られない。
(2)日記での使用はまれであり、物語では、原則として地の文での使用に限られる。「源氏物語」では多くが「給へりけり」のかたちである。
(3)「り」が衰えて「たり」が優勢となっていくことによって、中古末期以降、「りけり」もまた衰退していった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りけり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

りけりの関連情報

他サービスで検索

「りけり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation