@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

りゅうてき

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐てき
〘名〙
① よくはやる芸妓。売れっ子。はやりっこ。文政・天保(一八一八‐四四)頃の上方の流行語。
洒落本・北川蜆殻(1826)下「いつもながら、りうてきのゑら呑みじゃな」
② (形動) みごとであること。すばらしいこと。また、そのものやそのさま。
※雑俳・あふむ石(1839)「りうてきりうてき・火鉢の隅の湯がたぎる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅうてき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

りゅうてきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation