@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

りんご酒【りんごしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

りんご酒
りんごしゅ
cidre; apple wine
りんごで造る酒。完熟したりんごをつぶして搾汁する。搾汁のの含有量は 12%を標準とし,糖の発酵によるアルコールの含有量6%弱程度。他の果実酒同様,発酵温度は 12~20℃,主発酵は培養酵母添加の場合で 24時間以内,自然発酵では2~3日後に始る。約2週間で主発酵が終ったところで (かす) を取り,さらに 10~15℃で3~5ヵ月間再発酵させ,2回目の滓を取って清澄剤を加えて造り上げる。フランスが本場で,世界の生産量の過半を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

りんご酒
りんごしゅ

りんご果汁を発酵させた酒で、軽い酸味のある淡黄褐色の酒である。フランス語でシードルcidre、英語ではサイダーcider(ただし、日本ではサイダーは清涼飲料水の一種をさす)。産地としてはフランスのノルマンディー地方、イギリスのブリストル地方、ドイツの一部の地方が有名である。スイス、北アメリカなどでもつくられる。日本でもわずかではあるが醸造されている。

 りんご酒の歴史は古く、一説によると北ヨーロッパに住んでいた古代アーリアンはすでにこれを飲んでいたという。またフェニキア人もこれをシェカールとよんでいたようで、シードルという語はここからきたものらしい。

[原 昌道]

製法

原料のリンゴは小粒でタンニンと酸の多いものがよく、生食用とは異なる品種が使われる。りんご酒にはソフトシードルとハードシードルがあり、前者はりんご果汁をそのまま発酵させ、炭酸ガスを含んだアルコール分3~5%の軽い酒で、冷やして若いうちに飲む。後者は補糖してから発酵させたもので、アルコール分9~12%で樽(たる)に貯蔵される場合もある。炭酸ガス注入の発泡性のものもある。

[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りんご酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

りんご酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation