@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ろ過器【ろかき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ろ過器
ろかき
filter
フィルタともいう。適当なろ材を使って,液体中の固体分を分離する機器および装置。ろ材には,紙,布,金網,ガラスウールなどが用いられ,ろ過促進機構として,重力加圧真空,遠心力などの方式がある。圧力ろ過器は原料を加圧してろ過するもの,真空ろ過器は減圧によってろ過するもので,ともに液体用に用いられ,回分式と連続式がある。清澄ろ過器は,微粒子を含み,粒子濃度が小さい懸濁液から清澄液を得るとき使用する。遠心ろ過器は,遠心分離機の一種で,周囲がろ材となっている円筒内に原料液を入れ,円筒を回転させ,遠心力によってろ液を振出すもので,垂直軸型と水平軸型がある。また空気ろ過器は,室内換気用の空気,内燃機関の吸気などを清浄にさせる装置で,ろ材層を通過させる乾式と,毛状の,鉄,ガラスに油を吸わせて,これにごみを付着させる湿式がある。このほか,水道水などをろ過するために使用するろ過池 (ろ材は砂層) も一種のろ過器といえよう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ過器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ろ過器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation