@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイアコス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイアコス
Aiakos
ギリシア神話の人物。ゼウスニンフアイギナの息子で,アイギナ島(→エイナ島)の王となり,テラモンペレウスらの子をもうけた。ヘラによって国民を疫病で滅ぼされたアイアコスが,ゼウスに祈って島にいるアリを人間に変えてもらったのが,のちにトロイ戦争アキレウスの手兵として活躍するミュルミドン人の起源であるという。死後は,ミノスラダマンチュスとともに冥府で死者を裁く裁判官を務めているとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいあこす【アイアコス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイアコス
あいあこす
Aiakos
ギリシア神話の英雄。ゼウスとアソポス河神の娘アイギナとの子。サラミス王テラモンの父で、その子アイアス(大)は孫にあたる。非常に敬虔(けいけん)な人として知られ、生地アイギナ島の住民が疫病で全滅したとき、ゼウスは彼の信仰心に報いて蟻(あり)(ミュルメクス)を人間に変えてその島に住まわせ、彼らをミュルミドン人と名づけた。アイアコスは、干魃(かんばつ)のときゼウスに祈って怒りをなだめ、また神々を助けてトロヤの城壁を築いた。スキロンの娘エンデイスと結婚してテラモンとペレウス(アキレウスの父)の2子を、また海のニンフ、プサマテと交わってポコスを得、死後は冥界(めいかい)で死者を裁く者となった。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイアコス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイアコスの関連情報

他サービスで検索

「アイアコス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation