@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイオロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイオロス
Aiolos
ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』に登場するギリシア神話風神。浮島アイオリアに兄弟姉妹同士結婚している6人の息子と6人の娘とともに住み,すべての風を支配する。オデュッセウスを1ヵ月間歓待し,彼に西風以外のすべての風を中に閉じ込めた皮袋を与え,帰国させようとしたが,オデュッセウスの部下が途中でこの袋を開いたため,船はまたアイオリア島に逆戻りしてしまったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイオロス(Aiolos)
ギリシャ神話の風の神。ポセイドンの子。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいおろす【アイオロス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイオロス【Aiolos】
ギリシャ神話の風の神。浮かび漂うアイオリア島の支配者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイオロス
あいおろす
Aiolos
ギリシア神話の風の神。ヒッポテスまたは海神ポセイドンの子。アイオリア島に住み、風を洞穴または革袋の中に閉じ込めている。オデュッセウスが帰国の途中にこの島へ漂着したとき、風神は英雄を親切に迎え、出発の際には故郷のイタカ島への順風以外のすべての風を閉じ込めた革袋を贈った。しかし、オデュッセウスが寝ている間に仲間たちが中身を酒と誤ってあけたため、あらゆる風が吹き出てすさまじい嵐(あらし)がおこり、船はふたたびアイオリア島に打ち戻された。オデュッセウスはまたもや順風を求めてきたが、風神は神々の怒りを恐れて援助を断った。またアイオロスは、ギリシア人の祖ヘレンとニンフのオルセイスの子、およびポセイドンとアルネ(またはメラニッペ)の子(ともにアイオリス人の祖先)と同一視されている。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイオロス
(Aiolos) ギリシア神話の風の神。アイオリア島の支配者。風を袋に閉じこめる力をもつ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイオロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイオロスの関連情報

他サービスで検索

「アイオロス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation