@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイスランド低気圧【アイスランドていきあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイスランド低気圧
アイスランドていきあつ
Icelandic low
北半球の亜寒帯低圧帯のうち,アイスランドグリーンランドの間にほぼ一年中存在する大規模な低気圧冬季に最も発達し,北ヨーロッパ,北部カナダ北極海の一部を覆う。夏季には北極海の中央部にかなり広い高圧部が発達するために後退し,南下する。この低気圧は北半球全体の天候に影響を与える。特に冬季に,北アメリカ大陸北大西洋の西部地方からヨーロッパへ移動してくる低気圧群はアイスランド南方で最も優勢となり,北ヨーロッパや中央ヨーロッパに風雨をもたらす。夏季は冬季に比べると弱くなり,数も少なくなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイスランド‐ていきあつ【アイスランド低気圧】
大西洋アイスランドを中心とする海域に、ほぼ常的に存在する大きな低気圧太平洋アリューシャン低気圧と同じく、亜寒帯低圧帯に属す。冬に最も発達し、夏は中心がやや東に移動して分裂し、カナダのバフィン島付近に別の低気圧が現れる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイスランドていきあつ【アイスランド低気圧 Icelandic low】
太平洋のアリューシャン低気圧に対応する半永久的な低気圧。北米大陸やメキシコ湾で発生する低気圧は北米大陸東岸を北東に進み,発達して,アイスランド島を中心にした海域でその最終段階をおえる。かくてこの海域ではほとんど常に大きな低気圧があって,特有な天候が現れる。月平均の海面気圧分布図を描くと冬季は半径2000kmの大低気圧がみられる。夏季は中心が少し東にずれ,半径は小さくなり,カナダのバフィン島に別の低気圧の中心が現れ,二つに分裂している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アイスランド低気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイスランド低気圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation