@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイスランド語【アイスランドご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイスランド語
アイスランドご
Icelandic language
アイスランドの公用語で約 25万の人々によって用いられる言語インド=ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属し,ノルウェー語と最も近い関係にある。9世紀にノルウェーからの移民アイスランドにもたらした言語が定着し,発展して,現在のアイスランド語になったのであるが,ノルウェー語がかなり大きな変化を経てきたのに対し,大陸から遠い島国の言語であるため,古い時代の形を多く保っている。語彙の面では,なるべく外来語を用いずに,翻訳したり古語を復活したりして自国語でに合せようとする傾向がある。方言差は小さい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイスランドご【アイスランド語 Icelandic】
アイスランド共和国の公用語であり,22万人(1977)により使用されている。西ノルド語に属し,その歴史は古アイスランド語(9~16世紀),近代アイスランド語(16世紀~現在)の二つの時期に区分される。アイスランド語は,9世紀末以後ノルウェー西部から移住した人々のもたらした言語にその源を発し,西ノルウェー語と密接な関係がある。最古の記録は12世紀末のラテン文字による法律に関する写本であり,13世紀から14世紀にはエッダサガスカルド詩などの数多くの写本が成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイスランドご【アイスランド語】
インドヨーロッパ語族のゲルマン語派ノルド語に属する言語。ラテン文字を基本とし、いくつかの特殊文字を用いる。他のゲルマン語に比べて、古形を比較的多く残す。アイスランド共和国の公用語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイスランド語
あいすらんどご
アイスランド共和国の国語。フェロー語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語とともに北ゲルマン語派を形成している。アイスランドは古くは無人島であったので、アイスランド語の成立は、9世紀に始まったノルウェーのバイキングの移住に始まる。したがって最古層のアイスランド語の写本と、ほぼ同時代のノルウェー語の写本との間には、とりたてていうほどの方言差がなく、事実上同一の言語である。
 その後ノルウェー語は言語が大きく変わったが、アイスランド語はたいへん保守的で、名詞、形容詞、動詞などの屈折も、古語のそれを忠実にほとんど変えるところなく今日に伝えているうえ、語彙(ごい)面でも古語のほとんどが今日でもなお生きているともいえるので、アイスランド人は特別の勉強なしに13世紀ごろの古アイスランド語や古ノルウェー語をそのまま読んで理解できる。[森田貞雄]
『森田貞雄著『アイスランド語文法』(1982・大学書林)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイスランド‐ご【アイスランド語】
〘名〙 インド‐ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語。アイスランド共和国の公用語。九世紀以来アイスランドで話される。エッダ(神話英雄伝説)、サガ(英雄物語)、スカルド詩(宮廷詩)などは中世ヨーロッパ文学の中心の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイスランド語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイスランド語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation