@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)【アイゾメシバフタケ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)
アイゾメシバフタケ
Psilocybe subcaerulipes
担子菌類マツタケ目モエギタケ科のキノコ。は径2~3cm,まんじゅう形で中央がやや盛上がっていて黄土色ないしはこげ茶色で,は細く高さ4~7cm,傷つくと青変する。春から秋にかけて,林内の草の間などに群生する。同属シビレタケと同様の幻覚を起す成分をもっているという。産地は日本。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイゾメシバフタケ(藍染芝生茸)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation