@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイタケ(藍茸)【アイタケ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイタケ(藍茸)
アイタケ
Russula virescens
担子菌類マツタケ目ベニタケ科のキノコ。一名アオハツ。夏秋の頃,広葉樹林の地上に生える。直径,柄の長さともに約 10cmになる。傘の表面は緑色,周囲はまだら模様を呈する。柄は白色,開ききった傘の中央はややへこみ,傘の縁は細かな鋸歯状胞子紋は白色。胞子は亜球形,表面に網目がみられる。本州,北海道に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。食用

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイタケ(藍茸)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイタケ(藍茸)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation