@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイマク

世界大百科事典 第2版

アイマク【Aimakh】
遊牧地を共有する遊牧集団が原義のモンゴル語。漢字では愛馬と転写。13世紀の《元朝秘史》に初出する。モンゴル,元朝では諸王や勲臣が保有する遊牧集団を指すほか,中国などの征服地に設定した彼らの所領も意味し,その場合,投下の文字があてられる場合が多かった。清朝がモンゴル族を12旗に分割統治すると,数旗をあわせた呼称(部)として使用されるように変わり,現在もモンゴル国の行政単位となっている。【杉山 正明

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイマク
あいまく
ayimag

モンゴル語で部分、部族の意。また行政区画の名称。元朝時代には、部族と、その生活する牧地をも含めた所領を意味し、漢字で愛馬とも記された。17世紀、内、外モンゴルが清(しん)朝に帰属してのち、アイマクは行政区画の意味にも用いられ、外モンゴル、四ハン部は四アイマクともよばれた。現在アイマクは、モンゴル国では「県」の意味で、また中国の内モンゴル自治区では「盟」の意味で用いられている。

[森川哲雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイマク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイマクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation