@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アイリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイリス
iris
映画技術用語。原意虹彩だが,カメラレンズにこれと似た働きをさせることからきている。何も写っていない画面の1点から,形状に開いていったり (アイリス・イン) ,逆に円を絞る形で閉じていったり (アイリス・アウト) ,無声映画時代に多く用いられた手法

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイリス
Iris; iris
本来はアヤメ科アヤメの属名で,北半球に約 300種ほどある。園芸界ではこの属のうち,観賞用に栽培される一群の種を特にアイリスといい,イングリッシュアイリスダッチアイリスジャーマンアイリスなどをさすのが普通である。日本産のアヤメカキツバタハナショウブ,中国原産のイチハツなどもこの属に入る。属としての特徴は地下に根茎をもち,剣状の細い葉が2列につき,花は大型で外花被片3枚が特に花弁状に発達して色彩も鮮かである。内花被片は一般に細く上へ伸び,めしべの花柱が3裂して内花被片と同じくらい大きく,その裏側におしべ各1本をおおい隠すように広がっている。この複雑な構造はハチによる吸蜜受粉行動によく適応したものと考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

アイリス
昨秋に韓国で放映されたスパイもののアクションドラマ。日本でも人気の韓国人俳優イ・ビョンホンさんが主演視聴率が30%を超えるが続出するなど人気を集めた。田沢湖畔でイさんがヒロインと抱き合う場面など、秋田県内で約20カ所が撮影の舞台となった。
(2010-01-27 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

アイリス(iris)
アヤメ科アヤメ属の単子葉植物総称アヤメハナショウブカキツバタなど。一般にはジャーマンアイリスダッチアイリスなどの園芸種をいう。
眼球の虹彩(こうさい)
カメラの絞り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アイリス
2001年製作のイギリス映画。原題Iris》。女性作家アイリス・マードック生涯を描く。監督:リチャード・エア、出演:ジュディ・デンチ、ジム・ブロードベント、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ボネビルほか。第74回米国アカデミー賞助演男優賞受賞(ジム・ブロードベント)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイリス【flag】
アヤメ科アヤメ属Irisの植物で,北半球に分布し,約200種に及び,根茎または球根を有する多年草。アイリスと呼ばれて栽培しているものには,野生種と園芸グループがある。アイリスは園芸上,球根アイリスと根茎アイリスとに大きく2分類される。(1)球根アイリス群 球根アイリス群の代表種ダッチ・アイリスI.hollandica Hort.(英名Dutch iris)(イラスト)は1900年代初期にオランダでスパニッシュ・アイリスI.xiphium L.(英名Spanish iris)に他の種を交雑して作られ,切花は世界で需要が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイリス
あいりす
[学] Iris

アヤメ科(APG分類:アヤメ科)イリス属の総称。単にアイリスとよぶ場合、園芸的に栽培する種の総称をさすことが多い。イリスはギリシア語で虹(にじ)を意味し、虹のように美しい花からつけられた。本属は北半球の温帯、北緯20~60度に分布し、アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカに広く生育し、230種から300種余が知られている。日本にはノハナショウブ、アヤメ、カキツバタ、シャガ、ヒメシャガ、エヒメアヤメ、ヒオウギアヤメ、ヒオウギの8種が自生する。形態は変化に富むが、花形はアヤメ形といわれ、3枚の外側の花弁(外花被(かひ))およびそれより小さい内側の3枚の花弁(内花被)と、3裂した花柱(雌しべ)および下部に各1個ずつの葯(やく)(雄しべ)からなる。花色は紫青色系が多いが、白、黄、赤褐色、茶褐色、黒紫色などもある。純粋の緋紅(ひこう)色系はアメリカ中部に自生するフルバ(チャショウブ)I. fulvaがやや近いが、原種にはこの色系統のものはないとされる。

 宿根多年生のものが多いが、秋植え球根性のものもある。一般に耐寒性が強く、湿地を好むもの、乾燥地を好むものなど性質に変化がある。湿地好みのものは高性型が多く、茎葉が雄大である。乾燥地好みのものは矮性(わいせい)で茎葉も短いものが多い。大別して鱗茎(りんけい)種と根茎種に分ける。鱗茎種は球根アイリスともいい、休眠中は根がないのが特徴で、ダッチ・アイリス、イングリッシュ・アイリス、スパニッシュ・アイリス、レティキュラータ・アイリスなどの品種がある。根茎種は代表的なものにジャーマン・アイリス、ハナショウブ、アヤメ、カキツバタ、キショウブ、シャガ、イチハツ、ルイジアナなど多くの種類があり、さらに下弁の基部近くにひげのあるものを別系統に細分する説もある。これらのほかに、球根性を呈しながら根茎のもの、多肉質の根茎をもつものなど、2~3種が知られる。

[川畑寅三郎 2019年5月21日]

栽培

鱗茎種の代表種であるダッチ・アイリスDutch iris/I. × hollandica Hort. ex Todd.はオランダアヤメともいう。地中海沿岸地方原産の数種をオランダで交雑育種したもの。普通秋から出葉する耐寒種であるが、零下10℃以下では枯死する。代表的品種にホワイト・ウェッジウッド、イエロー・クイン、アイデアル、ブルー・リボン、ナショナル・ベルベットなどがある。球根は、6月中・下旬に葉が半枯れになったときに掘り上げ、風通しのよい日陰に乾かして貯蔵し、10月に植える。繁殖は分球による。球根の大きさにもよるが7~8センチメートル球では5センチメートル平方に1球ずつ植え、覆土は球根が隠れる程度にする。肥料は多めに基肥として施す。

 根茎種の代表種であるジャーマン・アイリスGerman iris/I. germanica L.はドイツアヤメともいう。ヨーロッパ原産の数種が交雑育種され、多くの品種がつくられ、さらにアメリカで改良された優れた品種が多い。レインボー・フラワーといわれるほどで、花色の変化に富む。また、花弁が横に張る品種や芳香も放つ品種など、育種技術の粋を凝らしたものが多い。栽培はダッチ・アイリス同様であるが、日当り、排水ともよい乾燥地に適し、生育がよければ2~3年は植えかえをしなくても優れた花をつける。ともに切り花、鉢植え、花壇、庭園、ロック・ガーデンなどに広く用いられ、端午(たんご)の節供の季節花としても愛用される。白絹(しらきぬ)病や軟腐(なんぷ)病に弱いのが難点で、これを防ぐことが、優秀な花を咲かせるポイント。

[川畑寅三郎 2019年5月21日]

文化史

エジプト王トゥトメス3世が紀元前15世紀にシリアから持ち帰ったといわれるアイリスは、栽培の歴史が古く、古代ギリシアやローマでは香水に使われた。中世のヨーロッパではフロレンティーナ(和名ニオイイリス)I. florentina L.の乾燥した根(オリス根)が、病気除(よ)けの首飾りにされて大流行した。またアイリスを紋章化したフルール・ド・リスは、5世紀にクロービス王が使って以来、19世紀までフランス王家の紋章であった。なお、これを字義通りユリとする説もある。

[湯浅浩史 2019年5月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイリス
〘名〙 (iris)
① 眼球の虹彩(こうさい)
② 写真機の虹彩絞り。二重撮影、ぼかし、トリック撮影などの際、レンズにとりつける絞り。
③ アヤメ科アヤメ属の植物。一般には、主に園芸種として栽培する同属中の種類の総称。俗にアイリスと呼ばれているものにドイツアヤメ、オランダアヤメ、イギリスアヤメなどがある。《季・夏》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation