@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式【アインシュタイン=ド・ブロイのかんけいしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式
アインシュタイン=ド・ブロイのかんけいしき
Einstein-de Broglie's relation
A.アインシュタインは,黒体放射を説明するために M.プランクが導入したエネルギー量子の考えをさらに推し進めて,振動数 ν の光は Ehν ( h はプランク定数) のエネルギーをもつ粒子の流れであると考えた。光を粒子と考えるとき光を光量子と呼び,さらに素粒子の1つと考えるときは光子と呼ぶのが普通である。光量子の考えを使って,アインシュタインは光電効果を説明し,A.コンプトンコンプトン効果を説明した。また光量子Ehν というエネルギーのほかに,ph/λ ( λ は波長) という運動量をもつことが確認された。この2つの式をアインシュタイン=ド・ブロイの関係式という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation