@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アウスグライヒ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウスグライヒ
Ausgleich
ドイツ民族とマジャール人 (ハンガリー人) との和解を意味する。 1867年のオーストリア=ハンガリー帝国成立のこと。「和協」と訳される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あうすぐらいひ【アウスグライヒ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アウスグライヒ
あうすぐらいひ
Ausgleich
オーストリア・ハンガリー間の1867年の協定。「1848年の革命」ののち、絶対主義に復帰したハプスブルク帝国では、産業発展の相対的立ち後れ、帝国内諸民族の台頭、対プロイセン戦争敗北(1866)に伴う国際的地位の低下などにより、帝国内の支配民族たるオーストリア・ドイツ人は帝国支配に危機を感じた。また、一方でスラブ主義に対する脅威もあったため、戦争の敗北を機に、その打開をマジャール人との同盟に求めた。他方、マジャール人は、1848年まで帝国内でスラブ系を含む少数民族を従えてハンガリー王国を支配形成していたが、1848~1849年の対オーストリア独立戦争に敗れ、以後内外で独立運動を継続していた。しかし、独立した場合のドイツ、ロシアの脅威、ハンガリー内での農民や少数民族の運動の高揚、慢性的資金・信用不足などの理由から、しだいに帝国の保全とそのなかでの利益の確保をより得策とみるようになった。ここに両者のアウスグライヒ(和協)が実現し、オーストリア皇帝を共通の君主とする二重王国が成立した。この協定の締結により両国は経済的にも大いに発展を刺激され、とくに、オーストリア大資本家とハンガリー大地主の帝国支配の強化をもたらすことになった。[家田 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウスグライヒ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウスグライヒの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation