@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アウストラロピテクス類【アウストラロピテクスるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウストラロピテクス類
アウストラロピテクスるい
Australopithecines
人類進化において最も初期である猿人の段階に属する化石人類。最初の化石は 1924年に南アフリカ共和国のタウングの石切場で発見され,R.ダートによりアウストラロピテクス・アフリカヌス Australopithecus africanus (アフリカの南のサルの意) として発表された。当初は学界の諸権威から無視されたが,その後,R.ブルームが同国内で精力的に調査を進め,45年頃より本化石人類は人類の祖系にあたるものとして世界の学界で再認識されるようになった。 59年にタンザニアのオルドバイ峡谷でリーキー夫妻がジンジャントロプス・ボイセイ Zinjanthropus boiseiを発見したのを皮切りに,南アフリカだけでなく,東アフリカの大地溝帯沿いの各地からも多数のアウストラロピテクス類の骨格が発見され,初めはそれぞれ個々の学名を冠されていたが,やがて2~4種に再分類されるようになった。アウストラロピテクス・プロメテウス A. prometheusプレシアントロプスはアウストラロピテクス・アフリカヌスにまとめられ,パラントロプス Paranthropusといわれていたものはアウストラロピテクス・ロブストゥス A. robustusとされるにいたった。ジンジャントロプス・ボイセイはアウストラロピテクス・ボイセイ A. boiseiとされたが,これはむしろアウストラロピテクス・ロブストゥスに属するとされることもある。オルドバイから出土したホモ・ハビリス Homo habilisは猿人から原人への移行の段階に属するものとみられている。アウストラロピテクス類の脳容量は現生大型類人猿並みかそれ以上の 400~700cm3であり,上下の顎骨がよく発達し,眼窩上隆起があり,特にアウストラロピテクス・ロブストゥスでは頭頂部に矢状隆起がみられる。大小臼歯は大きく,咬面には類人猿様の皺があるが,犬歯は短くなって牙をなさず人類的である。四肢骨,骨盤,頭蓋底などの形態からみて,直立二足歩行をしたことは明白である。アウストラロピテクス・アフリカヌスは身長 125cm前後できゃしゃであり,アウストラロピテクス・ロブストゥスは 150cmあって大型,がんじょうである。生息年代は更新世前期から鮮新世へとさかのぼり,100万~360万年前以上にわたることが明らかになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あうすとらろぴてくするい【アウストラロピテクス類】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アウストラロピテクス類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウストラロピテクス類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation