@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アウランガーバード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウランガーバード
Aurangābād
インド西部,マハーラーシュトラ州中部の都市。アウランガーバード県の行政庁所在地。ムンバイ (ボンベイ) 東北東約 280km,アジャンタ山脈の南に続く丘陵中の標高約 560mに位置。ゴダバリ川支流のカウム川に面する。 1610年に建設された当時はカドキと呼ばれていたが,ほどなく,のちにムガル帝国の第6代皇帝となったアウラングゼーブがデカン太守として着任し,改名。その後ハイデラバード王国の支配下に入り,独立後ボンベイ州に編入され,1960年からマハーラーシュトラ州に属している。絹織物を特産し,綿織物毛織物,搾油などのほか,周辺の農・畜産物の加工が盛ん。県内にはアジャンタ,エローラなどの仏教遺跡がある。人口 57万 2634 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アウランガーバード(Aurangabad)
インド西部、マハラシュトラ州の都市。州都ムンバイの東約330キロメートルに位置する。ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブがデカン地方を治める拠点を置き、自らの名をとって改称タージマハルを模して建てられた霊ビービーカマクバラーがある。オーランガーバード

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アウランガーバード【Aurangābād】
西インド,マハーラーシュトラ州中部の都市。人口31万6000(1981)。アジャンターおよびエローラの石への観光基地として知られる。また,町の北郊のビービー・カー・マクバラーBībī‐kā‐makbarāは,1679年タージ・マハルを模してムガル朝のアウラングゼーブ帝(在位1658‐1707)が建てた王妃の廟。その北方の丘の南腹に5窟ずつ,やや距離をおいて掘られた2群の仏教窟院がある。第4祠堂(チャイティヤ)窟のみ紀元前後にさかのぼり,他はすべて6~7世紀の僧院(ビハーラ)窟で,仏殿化への変容をとげた末期の形式をとるものが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アウランガーバード
あうらんがーばーど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウランガーバード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウランガーバードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation