@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アオバセセリ

世界大百科事典 第2版

アオバセセリ【Choaspes benjaminii】
目セセリチョウ科の昆虫(イラスト)。大型のセセリチョウで開張4.5~5.5cm。翅は暗青緑色,後翅後角付近は橙色に縁取られる。インド,スマトラから中国を経て日本にかけて分布する。日本では本州,四国,九州および南西諸島に見られ,山地の森林地帯に生息する。通常年2回発生し,春型は5~6月ころ,夏型は7~8月ころ羽化する。春はウツギエゴノキなど,夏はクサギリョウブボタンヅルなどの花によく集まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アオバセセリ
あおばせせり / 青羽挵蝶
Indian awlking
[学] Choaspes benjaminii

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。青森県から沖縄の八重山(やえやま)列島にわたり日本全土に広く分布するが、一般に個体数は少ない。日本以外では朝鮮半島南部、中国、台湾のほか、西はスリランカ、インドからマレー半島、スマトラ島にわたる東南アジアに分布する。はねの開張は40~45ミリメートル程度、日本本土産のセセリチョウ科では最大のものである。はねの色彩は暗緑色から暗紫色、後ろばね裏面の後方に美しい橙色斑(とうしょくはん)があるきわめて特徴のある種で、日本にはこれと紛らわしい近似種はいない。日本では本種と同じアオバセセリ亜科に属するものにキバネセセリ、オキナワビロウドセセリ、タイワンアオバセセリの3種がある。日本本土では普通、5~6月と7~8月の年2回発生し、ときに秋に第3化(3世代目)と推定されるチョウがみられることがある。幼虫の食草はアワブキ、ヤマビワ、ミヤマホウソ、サクノキなどのアワブキ科植物である。

[白水 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アオバセセリ
セセリチョウ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオバセセリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アオバセセリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation