@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アオバト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アオバト
Treron sieboldii; white-bellied green pigeon
ハト目ハト科全長約 33cm。頭上から背,尾,上面は暗緑色で,額,耳羽から胸,腹前部は黄緑色。腹後部は白く,脇,下尾筒に黒斑がある。肩は雄が紫褐色,が緑色。日本と中国東南部,タイワン(台湾)に分布する。日本では北海道本州四国地方九州地方で繁殖する。本州中部以北では夏鳥(→渡り鳥)で,繁殖後は南部の繁殖地へ渡る。そのほかの地域では一年中生息する留鳥である。巣は本州以南では山地のよく茂る広葉樹林につくり,冬季には平地におりてくることもある。北海道では平地に生息して繁殖する。岩礁海岸に海水を飲みにくるという習性をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アオバト
あおばと / 緑鳩
green pigeon

広義には鳥綱ハト目ハト科に属する鳥のうち約120種いる果実食のハトの総称で、狭義にはそのうちの23種のアオバト属をさし、さらに狭義にはそのうちの1種をさす。アオバト属(SphenurusまたはTreron)は、体の上部が黄色みを帯びた緑色で、黄色、オレンジ色、黒などの鮮やかな斑紋(はんもん)があり、東南アジアを中心に、少数がアフリカとインドに分布する。同じ果実食のヒメアオバト属Ptilinopus約50種はオウム類に匹敵する多彩な色に富み、東南アジアから南太平洋に広く分布している。

 種としてのアオバトSphenurus sieboldiiは、日本および、台湾、海南島を含む中国南部の山地の森林にすみ、カシやブナなどの堅果やイイギリ、ヤマザクラの実などを食べる。湖や海岸へ水を飲むために規則的に往復する。北方のものは冬、暖地へ移り、大きな群れをつくることがある。全長35センチメートル、体の上面は緑色、胸は黄緑色、尾の先端にまで達する下尾筒は、白と黒のはっきりとした縦斑がある。雄の雨覆(あまおおい)は褐色。樹上に巣をかけ、2卵を産む。アーアオーとよく響く声で鳴く。和名の「アオ」は、青色ではなく緑色をさす。同属のズアカアオバトS.またはT. formosaeは、屋久島(やくしま)以南の南西諸島、台湾、フィリピンに分布、アオバトよりやや大きく緑色はより濃い。日本に分布する亜種は、頭部も黄緑色で、赤くない。

[竹下信雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオバト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アオバトの関連情報

関連キーワード

オスカーウミウエピオルニスオオタカオコジョカワウサシバサンカノゴイ将棋

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation