@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカイア同盟【アカイアどうめい】

世界大百科事典 第2版

アカイアどうめい【アカイア同盟】
ペロポネソス半島北部のアカイア地方を中心とした都市同盟。初期の同盟は設立年代が不明であるが,12の諸都市から成り,前4世紀を通じて存続。その後解体され,前280年に四つの都市が集まって再結成された。前251年シキュオンが加わることによってアラトスという卓越した指導者を得,その勢力は著しく拡大した。その後マケドニア王国従属,さらにアイトリア同盟との同盟市戦争(前219‐前218)で弱体化した。一時再びペロポネソス全体の覇権を掌握することもあったが,前150年スパルタとの抗争でローマと敵対関係に入り,前146年ムンミウスLucius Mummius Achaecusに敗れて同盟は縮小され,存在意義を失った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アカイア同盟
あかいあどうめい

古代ギリシアのペロポネソス半島北部アカイアAkhaïa地方に興った同盟。アカイアの12のポリス(都市国家)の古い連合体を受け継ぐものとして、前280年に成立した。同盟の長は初め2人、前255年以後は1人の将軍で、ほかにデミウルゴイdēmiūrgoiとよばれる10人の役人団、および、同盟総会、同盟評議会という二つの会議などがあり、加盟ポリスの市民は、各自が所属するポリスの市民権と同盟の市民権を二重に所有した。アカイア以外の地域のポリスの加盟をも認めて発展し、前191年以降はほとんどペロポネソス半島全域を覆う勢力となった。しかし、前146年ローマに敗れて解体させられ、以後は祭儀団体としてのみ存続した。

[清永昭次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アカイア同盟
アカイアどうめい
Achaia
前280年,マケドニアアンティゴノス朝から独立した,ペロポネソス半島アカイア地方のポリスが結成した同盟
前3世紀後半に大いに発展し,スパルタと争ったが,ローマの圧力がしだいに加わり,前146年解散させられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカイア同盟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカイア同盟の関連情報

関連キーワード

時価発行分娩予定日の計算法2025年問題近紫外線ヨビバイトフィトクロム引受けフィトクロムアンチオコス1世孫皓

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation