@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカイア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカイア
Achaia
ペロポネソス半島の北部およびテッサリア南部の古代ギリシアの地域名。テッサリア南部の一地方は歴史的には重要な地とはならなかったが,ペロポネソス半島の北部では,中心地パトライ (→パトレ ) は栄え,肥沃な農業地帯で,柑橘類やオリーブを産した。古代アカイアには 12の市があり,宗教的な同盟を形成し,のちのアカイア連盟母体となった。ローマとの戦いののち,前 146年マケドニアの一地域としてローマに支配された。ミケーネ文明の発祥地と考えられているが,その位置など詳細は不明。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アカイア【Achaia】
ギリシア南部,ペロポネソス半島北西部の地方。険しい山岳が多い。パトラスPatras(現在名パートレPátrai)はペロポネソス最大の都市で,15万5000(1991)の人口を擁し,この地方の商工業の中心地。古代には12の小都市が同盟国家を形成し,初期には南イタリアのシュバリスクロトン,メタポンティオンなどに植民団を送った。アカイア同盟は前280年に再編成され,以後前146年にローマの属州マケドニアに糾合されるまでギリシア最大の勢力を誇り,時にはペロポネソス,中央ギリシアのポリスも参加した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アカイア
あかいあ
Akhaïa

ギリシア南部、ペロポネソス半島北部の県。パトラス湾、コリント湾に臨む。県都はパトラス。面積3271平方キロメートル、人口32万8600(2003推計)。おもな産物はブドウ、ワイン、穀類、柑橘(かんきつ)類その他の果実。牧羊も盛んである。古代ギリシアの歴史時代以後にはテッサリア半島南部もアカイアといった。紀元前280年にこの地方の諸ポリス(都市国家)が中心になってアカイア同盟を結成、ヘレニズム時代のギリシアの政局を左右したが、前146年にローマの直接支配下に入った。

[真下とも子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカイア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカイアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation