@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカザ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカザ
Chenopodium album var. centrorubrum
アカザ科の一年草で,古く中国から渡来したといわれる。畑やごみ捨て場など肥えた土地によく生える雑草で,やせた土地にはあまり生えない。アカザの名は若葉赤色を帯びていることにより,赤くならないシロザ C. album変種とされている。草丈は 1.5m以上にも達する。葉は三角状の卵形生し,縁に波状の鋸歯があり,夏から秋にかけて,枝先にを出し,黄緑色の細かな花が密生する。は5片に深く裂け,花弁はなく,5本のおしべと1本のめしべがある。果実は宿存萼に包まれ,平たい球形で,中に1個の黒い種子がある。若葉をゆでて食べるが,シュウ酸を含むため多量に常食することは避けたほうがよい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカザ
Liobagrus reinii
ナマズ目アカザ科の淡水魚。全長 10cmになる。体は長く,前方は縦扁するが,後方では側扁する。尾鰭後縁は丸い。眼は小さく,口ひげは 8本。脂鰭の後縁が尾鰭に連続する。はない。体色は赤褐色で,腹面はやや淡い。東北北部を除く本州,四国,九州に分布するが,近年減少傾向にある。河川の上・中流域の石の下にすむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アカザ【Liobagrus reini】
ナマズ目アカザ科の淡水魚(イラスト)。日本特産で本州(太平洋側では静岡県以西,日本海側では秋田県以南),四国,九州などに分布。水の澄んだ川の上・中流域にすむ。全長7~10cm,形はギギ(イラスト)に似るが体色は赤褐色で,尾びれの後縁は二叉(にさ)せず外側へ湾曲する。脂びれの後縁は体に癒着する。頭部の前端はやや上下に平たく,8本の口ひげがある。背びれと左右の胸びれとにそれぞれ1本ずつの毒をもったとげがあり,これに誤ってさされると痛む。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アカザ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカザの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation