@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカシア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカシア
Acacia
マメ科のアカシア属の総称。この類はオーストラリアおよびアフリカを中心とする熱帯地方に数百種知られ,常緑または落葉高木が多い。熱帯では花木として庭園に植えたり並木とするほか,材が堅く耐久性があるので,建築,車材,その他家具材として有用である。またアラビアゴムタンニンなどの原料となるものもある。日本では関東以西の暖地初夏に花木として栽培され,切り花にもされる。なかでもフサアカシア A. decurrens黄金色の花が直径 1.5cmぐらいの球状に集って枝一面につき非常に美しい。なお,北海道や本州山地で植えているニセアカシアは別属の植物で,ここでいうアカシアには含まれない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アカシア(acacia)
《「アカシヤ」とも》
マメ科アカシア属の常緑樹の総称。葉は羽状複葉。花は黄色、まれに白色で、多数集まって穂状に咲く。オーストラリアを中心に約650種が分布。ギンヨウアカシアアラビアゴムノキなどが含まれる。
ハリエンジュの俗称。花は白い。にせアカシア。 花=夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アカシア
日清紡ペーパープロダクツが販売するトイレットペーパーの商品名。再生紙を100%使用。シングル、4ロール入り。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アカシア【wattle】
マメ科アカシア属に含まれる500種以上の種類の総称名である。ほとんどの種類は常緑性の大高木から小高木で,しばしばとげを有している。日本ではアカシア類をミモザと通称するが,これはイギリスで,フランス南部から切花として輸入されるフサアカシアがミモサmimosaと呼ばれることから来たものである。しかし,植物学的にはオジギソウ属Mimosaがミモサと呼ばれるもので,おしべが4~10本あり,おしべが多数のアカシア属とは区別されるべきものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アカシア
あかしあ
[学] Acacia

マメ科(APG分類:マメ科)アカシア属の樹木の総称。日本で一般にアカシアとよぶのは本属とは別で、ハリエンジュ属Robiniaのニセアカシアのことをさす。本属はオーストラリアに多く、アフリカ、アラビア、アメリカなどの熱帯、亜熱帯に約650種分布する。常緑樹で、葉は互生し、小葉の小さい2回羽状複葉の葉をもつか、または、葉柄が平たく変形した仮葉が単葉状になる。花は小球形の頭状に集まり総状花序をなす。花弁は小さく、花弁よりはるかに長い雄しべが多数あって目だつ。果実はさやになり、数珠(じゅず)状または円筒状。一般に根粒菌をもち、やせ地でもよく育ち、日本でも数種が観賞用に暖地で栽培されている。種子は堅いので熱湯処理すると発芽しやすい。

[小林義雄 2019年10月18日]

種類

フサアカシアA. dealbata Linkはオーストラリア南部、タスマニア島原産で、葉は2回羽状複葉で羽片は13~25対あり、初め銀白色で後に灰緑色になる。2~3月に濃黄色頭状の花球が30個以上ついて開く。切り花用や庭木に植え、東京でも寒風を避ければ戸外で越冬する。ギンヨウアカシア(ハナアカシア)A. baileyana F.v.Muell.はオーストラリア原産で、葉は銀灰色の2回羽状複葉で3~4対の羽片がある。2~3月に鮮黄色の花球を多数つけ、切り花用に栽培され、ミモザmimosa(フランス語)とよばれている。葉柄が変形した仮葉をつけるサンカクバアカシア、メラノキシロンアカシア、モリシマアカシアなども栽培されている。本属には有用植物も多く、ソウシジュ、アラビアゴムノキなどがある。

[小林義雄 2019年10月18日]

利用

木材や観賞用以外にも用途は広く、アラビアゴムノキ(アカシア・セネガル)A. senegal (L.) Willd.の幹の分泌物からはアラビアゴムがとれる。同類に東アフリカのステノカルパA. seyal Delile(A. stenocarpa Hochst.)、南アフリカのホリダA. horrida Willd.、アフリカやアラビア半島が原産のアラビアゴムモドキVachellia nilotica (L.) P.J.H.Hurter et Mabb.(A. arabica Willd.)、オーストラリアのフサアカシア(デアルバータ)A. dealbata Linkなどがある。またインドのペグノキ(アセンヤクノキ)A. catechu Willd.の材の煮汁からはカテキュー(阿仙薬(あせんやく))がとれ、収斂(しゅうれん)剤や止血剤、なめし皮料や染料(黒と茶色)に利用される。ほかにキンゴウカン(金合歓)A. farnesiana (L.) Willd.やカベニアVachellia caven (Molina) Seigler et Ebinger(A. cavenia Bert.)の花からは香水がつくられ、ピクナンサA. pycnantha Benth.はゴールデン・ワッツルとよばれてオーストラリアの国花になっている。アカシアの多くは荒れ地の緑化に適し、なかでも深根性のセヤルA. seyal Delileは乾燥地の緑化に有望である。また乾期に茂り雨期に落葉するアルビダFeidherbia albida (Delile) A.Chev.(A. albida Delile)は、熱帯地域での乾期における飼料として注目されつつある。

[湯浅浩史 2019年10月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アカシア
〘名〙 (acacia)⸨アカシヤ⸩
① マメ科アカシア属の樹木の総称。オーストラリアを中心に熱帯に分布し、アラビアゴムノキなど数百種ある。日本には自生せず、近くでは台湾にソウシジュという常緑樹がある。狭義には、園芸関係者の間で誤ってミモザと呼ばれるハナアカシアをさす。〔薬品名彙(1873)〕
② 植物「はりえんじゅ(針槐)」の俗称。《季・花は夏》
※札幌(1908)〈石川啄木〉「停車場通りの両側のアカシヤの街樾(なみき)は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカシア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカシアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation