@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカスジチュウレンジ

世界大百科事典 第2版

アカスジチュウレンジ【rose argid sawfly】
膜翅目ミフシハバチ科に属する昆虫。日本に広く分布するハチで,バラの害虫として知られる。成虫の体長8mm内外,頭部は黒色,胸部および腹部は黄褐色で,胸部に黒斑がある。翅は暗色半透明。卵は淡黄橙色,楕円体状。幼虫の体長20mm内外。頭部は黄褐色,体は緑色背面および側面に毛のはえた小黒斑がある。年3~4回発生で春から秋まで見られる。成虫のは,バラの新梢に頭部を地面に向けてとまり,新梢の上方より下方に表皮組織を縦にさき,その間に数十粒の卵を2列に産卵する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アカスジチュウレンジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカスジチュウレンジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation