@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカニシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカニシ
Rapana venosa; Thomas's rapa whelk
軟体動物門腹足綱アクキガイ科巻貝高約 20cm,殻径 17cmに達する。殻はこぶし形で厚く,塔は低い円錐形,体層は非常に大きい。殻表は青褐色地に細い螺肋があり,肋上に黒斑条がある。肩は丸いこともあるが通常角張り,ときに角状の突起を生じる。殻口は大きくて広く,内面赤みを帯び,ときに濃い。ふたは革質でやや厚く,黒褐色。核は外側にある。夏に産卵するが,卵嚢は細長く長刀形でなぎなたほおずきと呼ばれる。北海道南部から九州を経て中国までの大きい湾内の潮間帯より水深 20mまでの砂泥底にすむ。朝鮮半島から中国北部に生息する個体群は,肩の突起が著しく,ツノアカニシと呼ばれることがある。肉食性で,養殖している二枚貝類などを食害する。肉は食用になり,殻は貝細工の材料となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アカニシ【Rapana venosa(=R.thomasiana)】
アクキガイ科の大型巻貝(イラスト)。殻の高さ20cm,太さ16cmに達し,こぶし形で厚く,殻口は大きく,その内面が成長すると赤くなるのでアカニシという。巻数は5で低い円錐形になり,最後の巻きははなはだ大きい。全表面に細い筋があり,その上に多くの小黒斑が並ぶ。大きい殻口内は成長すると厚く赤くなり,下方に溝状の水管ができる。ふたは厚い革質で黒褐色。北海道南部から九州,東シナ海,黄海などの内湾の潮間帯から水深20mの砂泥底にすむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アカニシ
あかにし / 赤辛螺
[学] Rapana venosa

軟体動物門腹足綱アクキガイ科の巻き貝。北海道南部から九州までの日本各地と朝鮮半島に分布し、内湾の潮間帯から水深20メートルぐらいまでの砂泥底にすむ。最近、黒海にも移入したといわれる。大形種で、殻高20センチメートル、殻径17センチメートルぐらいになる。殻は厚くて堅く、螺塔(らとう)は低く拳(こぶし)形。殻の地色は淡い青褐色で細い螺肋(らろく)があり、その上に黒い斑条(はんじょう)がある。体層は大きく、肩に通常低い角(つの)状の突起ができる。殻口は広く、成貝では内面が赤色の滑層となっている。蓋(ふた)は革質で厚く大きく暗褐色。核は外側にある。産卵期は夏季で、海底の小石や貝殻または沈木などに多数の卵嚢(らんのう)を産み付ける。卵嚢はその形からナギナタホオズキとよばれる。肉食性で有用二枚貝を食害する。肉は食用となり、いくぶん堅いが美味である。殻は細工物の材料に利用される。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカニシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカニシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation