@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカムシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカムシ
Halla okudai
環形動物門多毛綱イソメ目ビクイソメ科。大型で橙色のイソメの1種。大きなものは体長 90cmになる。環節数 600~800。頭部は円錐形で,3本の短い指状の触手と4個の眼点がある。各環節の両側から生じる疣足 (いぼあし) には背側に1本の長い棍棒状の背触糸がある。体が弱ってくると体の表面から黒紫色の液を分泌する。タイやカレイの釣虫としてすぐれており,これを使うと釣れすぎて資源が枯れるおそれから,昭和初期に漁業者間で使用を禁止する協定を結んだことがあった。瀬戸内海地方の砂地に 50cm~1mの深さにもぐってすむ。俗名モドキ (岡山県) ,ヤスリムシ (広島県) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカムシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカムシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation