@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アカリファ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカリファ
Acalypha wilkesiana
トウダイグサ科の低木。南太平洋のニューブリテン島原産とされ,観賞用に広く栽培される。高さ2~3mになるが,観葉植物として鉢植にされるものは低い。葉は互生し長い柄があり,葉身は先のとがった広卵形で長さ 10~20cm,縁に鋸歯があり,基部は心形になるものもある。葉面にピンクや赤銅色斑点が目立ち,美しい。葉腋から長い紐状の花穂を出し,紅赤色を帯びる。密集する個々の花は小さく,花弁はない。葉の色やの入り方などで多くの園芸品種がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカリファ
Acalypha; copperleaf; three-seeded mercury
トウダイグサ科属名で,草本または木本熱帯から亜熱帯にかけて約 300種が分布する。葉は互生し,多くは卵形で粗い鋸歯をもつ。雌雄同株または異株。花は小型で花弁を欠き,穂状花序を形成する。アカリファ・ウィルケシアナは特に葉色が美しい木本で,赤や黄,淡黄色などの斑 (ふ) 模様の葉をもつ多彩な品種があり,熱帯各地で生垣や街路樹などに利用されている。一方,同じく木本のベニヒモノキ A.hispidaや草本のキャッツテールのように,紅色の細長い穂状花序を観賞するものが鉢植えで流通する。暖地では戸外で越冬するが,関西地方以北では枯死することが多いため,冬期は温室または明るい室内で管理する。よく日に当てたほうが葉色が鮮明になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アカリファ(〈ラテン〉Acalypha)
トウダイグサ科エノキグサ属の多年草。熱帯・亜熱帯産。園芸では、観葉植物として、温室栽培する数種の植物の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アカリファ【copper leaf】
トウダイグサ科の植物で,温帯~熱帯に450種が分布し,一年草高木まで多種多様である。エノキグサなど数種が日本にも分布する。熱帯産の数種が園芸植物として栽植され,いずれも2~4mの小低木である。アカリファ・ウィルケシアナA.wilkesiana Muell.Arg.は南太平洋の島々原産の常緑低木で,園芸品種が多く,銅赤色の長卵形葉で淡桃色の覆輪となるフクリンアカリファcv.Marginata,葉縁が少し切れ込み,緑,ピンク,黄白,銅赤色が細かくモザイク状に入るニシキアカリファcv.Musaicaなどが明治末年に日本に導入されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アカリファ
あかりふぁ
[学] Acalypha

トウダイグサ科(APG分類:トウダイグサ科)の低木性の観葉植物。熱帯から亜熱帯にかけて約25種分布する。このうち園芸植物として栽培されるのは、葉が緑色卵状で鋸歯(きょし)があり、黄色の覆輪があるキフクリンアカリファ、赤銅色の葉に黄覆輪のフクリンアカリファ、赤銅色、赤紫色葉に濃淡のモザイク状の斑(ふ)が入るニシキアカリファ、葉腋(ようえき)に紫桃色の紐(ひも)状花をつけるベニヒモノキなどである。前3種は観葉種、ベニヒモノキは長い花穂を観賞し鉢花として栽培される。いずれも挿木で簡単に殖やすことができ、冬季は7~8℃以上に保つ。観葉種は強い日照で鮮やかな葉色を呈する。

[鶴島久男 2020年6月23日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アカリファ
〘名〙 (Acalypha) タカトウダイ科エノキグサ属の属名。熱帯、亜熱帯産。園芸では、温室栽培する観葉植物数種の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカリファ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカリファの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation