@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アガメムノン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アガメムノン
Agamemnon
トロイ戦争でギリシア方の総大将をつとめたとされるギリシア神話の英雄。アトレウスの子で,父がテュエステスアイギストスに殺されたあと,ミケーネ王となり,全ギリシアに宗主権をもった。スパルタ王テュンダレオスの娘で,美女ヘレネと双子の姉妹であるクリュタイムネストラが,すでに彼の従兄弟タンタロスと結婚していたのを,タンタロスを殺し妻にして,イフィゲネイア,エレクトラらの娘たちと,息子オレステスをもうけた。ヘレネと結婚し,テュンダレオスの跡を継いでスパルタ王になっていた弟メネラオスは,トロイの王子パリスにヘレネを奪われると,これを取戻すためギリシア中の王たちに参加を求め,遠征軍を組織してトロイを攻め,10年に及ぶ攻囲の末に滅ぼした。しかし遠征に出発するにあたって,航海に必要な順風を得るため,アウリスでイフィゲネイアをアルテミスに犠牲に捧げたために,この仕打ちを怒ったクリュタイムネストラは,夫の留守中にアイギストスと不倫の関係を結び,この愛人と共謀してトロイから凱旋したアガメムノンを,彼が愛人にして連れ帰ったトロイの王女カッサンドラとともに暗殺したという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アガメムノン(Agamemnōn)
ギリシャ神話の英雄。ミケーネ王。ヘレネの夫スパルタ王メネラオスの兄。ギリシャ軍の総大将としてトロイア戦争に勝ったが、帰国後、(きさき)クリュタイムネストラとその情夫アイギストスにより暗殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アガメムノン
《Agamemnon》イギリス海軍の戦艦。ロード・ネルソン級。1906年進水、1908年就役の準弩級戦艦。名称は、トロイ戦争時代のギリシアの王の名にちなむ。第1次世界大戦中は、ダーダネルス戦役(ガリポリの戦い)を支援。1919年退役。標的艦とされた後、1926年除籍。翌年スクラップとして売却

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アガメムノン【Agamemnōn】
ギリシア伝説のミュケナイ(またはアルゴス)王で,トロイア遠征軍の総大将。アトレウスの子。スパルタ王メネラオス(トロイア王子パリスに誘拐された美女ヘレネの夫)の兄。ヘレネを奪還すべくアウリスに結集したギリシア艦隊の出港時,娘のイフィゲネイアを女神アルテミスへの犠牲に供して,妃クリュタイムネストラ恨みを買った。その10年後,トロイアを陥落せしめ,所期の目的を遂げた彼は,みずからの婢妾としてトロイア王女カッサンドラを伴い,故国に凱旋したが,妃とその情人アイギストスに殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アガメムノン【Agamemnōn】
古代ギリシャの伝説上のミュケナイ王。トロイ戦争の総指揮官。オレステス・エレクトラの父。トロイアを攻略し故国に凱旋がいせんしたが、連れ帰ったトロイア王女カッサンドラとともに、王妃クリュタイムネストラとその情人アイギストスの手によって殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アガメムノン
あがめむのん
Agamemnn
ギリシア神話の英雄。アトレウスの子で、スパルタの城主メネラオスの兄にあたるミケナイ(ミケーネ)の王。妻クリタイムネストラとの間に、イフィゲネイア、エレクトラほか三女と息子オレステスをもうけた。トロヤ戦争ではギリシア軍の総大将として出陣した。ギリシアの艦隊がアウリスに集合したとき、彼は狩りの技を誇ったので、女神アルテミスは怒って風を止め、彼らの出帆を阻んだ。そこで彼は預言者カルカスの忠告に従い、娘イフィゲネイアを、アルテミスの犠牲に捧(ささ)げた。またトロヤでは、英雄アキレウスから美女ブリセイスを奪ったためにアキレウスが戦場から退き、ギリシア軍が危機に瀕(ひん)したので、彼はブリセイスを返して和解を求めた。トロヤ攻略後、アガメムノンは、トロヤの王女カッサンドラの預言を無視して帰国したため、妻クリタイムネストラとその情夫アイギストスの共謀により暗殺された。これには息子オレステスによる復讐(ふくしゅう)の話がある。総じてアガメムノンは、武勇や知謀よりもむしろ誇り高さと威厳において、他をしのぐ英雄である。この物語は『コエフォロイ』『エウメニデス』とともに古代ギリシア悲劇『オレステイア』の一部を構成している。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アガメムノン
(Agamemnōn) ギリシア神話の英雄。ミケーネの王で、トロイ戦争におけるギリシア軍の総大将。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アガメムノン
Agamemnon
ギリシア神話に出てくる伝説的なミケーネの王
トロヤ遠征のギリシア軍の総指揮官で,無事に帰国したが,不貞の妻クリュタイムネストラに殺された。このできごとは,女神アルテミスの怒りをしずめるため,娘イフィゲネイアを犠牲としたこととともに,文学の題材となり,アイスキュロスによる同名の戯曲が有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アガメムノン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アガメムノンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation