@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アキノタムラソウ

世界大百科事典 第2版

アキノタムラソウ【Salvia japonica Thunb.】
山野の道端や林縁に普通に見られるシソ科の多年草(イラスト)。茎は四角形で,短く横たわった地下茎から直立し,高さ20~80cm。葉は葉柄があって2枚ずつ対生し,普通,羽状複葉であるが,2回羽状になったり,また分裂しないものがあったり,個体によってさまざまな形をとる。7~11月ごろ,茎の先に細長い花穂を作って,淡紫色で長さ1cmあまりの唇形をした花を多数つける。北海道を除く日本全土と中国に分布する。ナツノタムラソウS.lutescens Koidz.var.intermedia (Makino) Murataは花が濃紫色で6~8月に開き,関東南部,東海,近畿地方に分布する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アキノタムラソウ
あきのたむらそう / 秋田村草
[学] Salvia japonica Thunb.

シソ科の多年草で、山野の道端に生える。茎は方形で高さ30~80センチメートル、上部で分枝する。葉は対生して葉柄があり単葉から3出2回羽状複葉まで変化が多い。7~10月、枝先に長い花穂をつくり、淡紫色の花を数個ずつ何段にもつけ下のほうから開く。萼(がく)は筒状で2唇に分かれ、内側に輪状に毛がある。花冠は10ミリメートルほどの筒があり、先は2唇に分かれる。雄しべは2本、花冠の上唇の先に突き出し、受粉後に下方に曲がる。花筒内面の基部近くに輪状に毛がある。本州、四国、九州、朝鮮、中国に分布。近縁種にナツノタムラソウとハルノタムラソウがある。

[村田 源]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アキノタムラソウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アキノタムラソウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation