@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アキレウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アキレウス
Achilleus
ホメロスの叙事詩イリアス』のなかで,主人公として活躍する,ギリシア神話の英雄。テッサリアのフティアの王ペレウスと海の女神テティスの結婚から生れ,赤子のときに母に冥府の川ステュクスの水につけられたため,テティスがつかんでいたかかとの部分だけを除き,不死身になった (→アキレス腱 ) 。ケンタウロスのケイロンに養育され,トロイ戦争が計画されると,最初はこの遠征に参加すれば息子が死ぬ運命にあることを予知したテティスに勧められて,女装してスキュロス王リュコメデスの宮廷に隠れ,王女の一人デイダメイアと通じ息子ネオプトレモスを生ませたが,オデュッセウスに正体を見破られ,結局親友パトロクロスとともに,ミュルミドン人と呼ばれる精鋭を率いトロイの攻囲に参加した。戦争の 10年目にアキレウスは,彼がそれまでにあげたはなばなしい武功にもかかわらず,アガメムノンに不当な侮辱を受け,愛人のブリセイスを奪われたことを怒って,いったん戦闘から手をひき,そのためギリシア方は苦境に陥った。パトロクロスはこのありさまを見かね,アキレウスの武具と軍勢をかりて敵を撃退したが,深追いしすぎヘクトルに打取られると,アキレウスは友の仇を討つため再び参戦し,ヘクトルと壮烈な一騎打ちを演じ,ついにこの敵の総大将を倒した。しかしその後,なお多くの手柄をあげながら,最後に彼は,アポロンに助けられたパリスに,唯一の弱点のかかとを射られ,トロイ落城を待たずにあえなく戦死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アキレウス(Achilleus)
ホメロスの叙事詩「イリアス」の主人公。ペレウスと女神テティスの子。トロイア戦争に参加、敵の総大将ヘクトルを討った。不死身であったが、唯一の弱点のかかとをパリス一説アポロン)に矢で射られて死ぬ。アキレス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アキレウス【Achilleus】
ギリシア伝説で,トロイア戦争におけるギリシア軍最大の英雄。テッサリア地方のフティア王ペレウスPēleusと海の女神テティスThetisとの子。赤子のころ,わが子を不死身にしようと願ったテティスによって冥界の川に浸されたが,母親の手がつかんでいたかかと(踵)だけは生身のままに残った(アキレス腱)。成人後,出征すれば早世する運命にあるとの母親の警告をふりきってトロイアに渡り,めざましい働きを示したものの,戦争の10年目に,捕虜の女奴隷をめぐる総大将アガメムノンとの争いがもとで戦闘を放棄,味方を敗北寸前にまで追い込んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アキレウス
あきれうす
Achilleus

ギリシア神話の英雄。ホメロスの叙事詩『イリアス』に登場する主人公で、トロヤ戦争最大の英雄。ラテン名はアキレスAchilles。プティアの王ペレウスと女神テティスの子。子供のころ、海の神テティスは彼を不死身にするため冥界(めいかい)の川スティクスに浸したが、そのとき彼女がつかんでいた彼のかかとだけが水につからず不死身とはならなかった。のちに母テティスは息子がトロヤ戦争に参加しないように、彼を女装させてスキロスの王リコメデスの館(やかた)に隠した。しかし、預言に従って彼を探しにきたオデュッセウスが娘たちの前に衣装や装身具とともに武器を並べると、アキレウスだけが武器をつかんだため、見破られた。

 トロヤでは、アキレウスはミルミドン人を率いて出陣し、周辺諸都市を攻めたのち美女ブリセイスを獲得したが、総大将のアガメムノンが彼女を奪ったので、彼は怒って戦場から退いた。母テティスは、息子の不在の間トロヤ軍が力を盛り返すようゼウスに嘆願したので、ギリシア軍は大敗北する。アガメムノンは莫大(ばくだい)な代償を約束してアキレウスに和睦(わぼく)を申し出るが、彼はこれを拒絶する。そこで友人のパトロクロスがアキレウスの武具を借りて出陣するが、敵将ヘクトルに討たれる。アキレウスはその死に激怒し、母テティスに頼んで火神ヘファイストスに新たな武具をつくってもらい、翌日アガメムノンと和解したのち戦場に赴く。やがてアキレウスは仇敵(きゅうてき)ヘクトルと対決し、彼を討ち取ると死骸(しがい)を戦車に結び付けて引きずり回し、辱める。十数日後、死者に敬意を払うよう母が忠告したので、ヘクトルの父プリアモスが彼の陣営を訪れたとき、アキレウスは多大の代償金と引き換えに遺体を返した。『オデュッセイア』において、オデュッセウスは冥界で死後のアキレウスに出会う。しかしアキレウスの葬儀や武具の分配をめぐる争いについては語られても、その死の真相には触れられていない。一説では、トロヤ方を助けたアマゾンの女王ペンテシレイアと曙(あけぼの)の女神エオスの子メムノンを殺したのち、アキレウスはアポロン(またはパリス)にかかとを射られて死んだとされている。

[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アキレウス
(Akhilleus) ギリシア神話の英雄。ペレウスとテティスの子。ホメロスの「イーリアス」の主人公。トロイ戦争中、トロイ一の英雄ヘクトルを一騎討ちで破る。幼時母が冥界のステュックス河に浸して不死身としたが、かかとだけ浸さなかったのでアポロン(一説にパリス)にそこを矢で射られて死ぬ。ラテン名はアキレス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アキレウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アキレウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation