@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アクタ・ディウルナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクタ・ディウルナ
Acta Diurna
古代ローマにあった新聞類の総称で,新聞のりとされている。アクタとは議事録で,前 59年 J.カエサル命令で公式かつ定期的に発行され,330年まで続いた。元老院の議事録をアクタ・セナトゥースまたはコメンタリー・セナトゥースといい,公開は禁じられ,閲覧には許可を要した。公的行事や公衆に関係ある事項については,カエサルは適当に公表を許したが,ここからアクタ・ディウルナ (アクタ・ポプリ,アクタ・プブリカ,または単にアクタあるいはディウルナとも呼ばれた) が発生した。このカエサルのアクタは,掲示板のようなものであったと推測される。古代ローマの史家たちは,こういったディウルナ・ウルビス・アクタやディウルナ・ポプリ・ロマニなどを資料として利用していた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクタ・ディウルナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクタ・ディウルナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation