@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アクチュアリー

デジタル大辞泉

アクチュアリー(actuary)
保険会社危険率保険料率などの算出業務とする人。保険計理人保険計理士・保険数理士などと訳される。最近では信託銀行などの年金業務にも進出している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

アクチュアリー
年金数理や保険数理の専門家のことです。アクチュアリーになるためには、日本アクチュアリー会が実施する資格試験に合格し、日本アクチュアリー会の会員になる必要があります。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

とっさの日本語便利帳

アクチュアリー
保険会社などで保険や年金の料率計算、保険料算定を行うスペシャリスト。高度な専門職で、あらゆるデータをもとに保険料を決定

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

アクチュアリー【actuary】
保険数理の専門家のことをいい,数理統計学を基礎に死亡率,事故発生率等の計算,保険料の算出,積立金の評価,契約者配当金の計算等を担当する。その職務は保険数理の分野にとどまらず,近時長期経営計画の立案,営業活動の調査分析等経営全般にかかわる諸問題と密接な関係をもつようになってきている。 保険数理の専門家としてアクチュアリー(元来の意味は(法廷の)記録係,書記)の地位が築かれたのは19世紀に入ってからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクチュアリー
あくちゅありー
actuary

確率論や統計論などの数理的手法により、将来のリスクや不確実性の分析を行う保険数理業務の専門職。保険数理人と訳されるが、日本でもアクチュアリーとよばれている。日本では一般的に社団法人日本アクチュアリー会の正会員の資格をもつ者をさす。資格取得には、日本アクチュアリー会が毎年実施する資格試験(基本科目5科目と専門科目2科目)の全科目合格とプロフェッショナリズム研修の受講が必要である。基本科目1科目以上合格でアクチュアリー会研究会員、基本科目5科目合格で準会員、専門科目に合格し、プロフェッショナリズム研修を終えて正会員となる。全科目合格するまでには最低でも2年を要するが、実際に準会員になるまでには平均5年、正会員になるまでには平均9年程度かかるとされ、実務につきながら資格を取得するのが一般的である。正会員数は2013年(平成25)3月末時点で1373人。有資格者の多くが生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、コンサルティング会社などに所属し、保険・年金の料率設定や商品開発などを行っている。

 アクチュアリーの専門職としての地位は19世紀には確立されていたとされ、世界でもっとも古いアクチュアリー会は1848年にイギリスで設立された。日本におけるアクチュアリーの歴史も古く、1899年(明治32)に日本アクチュアリー会が設立されている。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクチュアリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクチュアリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation