@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アクラガス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクラガス
Akragas; Agrigentum
シチリア島南西部の古代ギリシアの植民市 (アポイキア ) 。現イタリアのアグリジェント。前 580年頃ゲラの市民によって建設され,前6~5世紀僭主ファラリステロンのもとに繁栄した。アクロポリス上のアルカイック期神殿群の遺跡はこの時期に属し,哲学者エンペドクレスもこの市の出身である。ローマ時代にはアグリゲンツムと称し,ポエニ戦争打撃を受けたが,その後また復興し,現在までシチリアの主要都市の一つとして存続してきた。しかし,その面積は古代ギリシア時代に及ばない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アクラガス【Akragas】
シチリアの南海岸に前581年ころに建設されたギリシア植民都市。母市はゲラGela。前6世紀後半から農業などによって栄え,僭主テロンの時代(前488‐前473)に最盛期を迎える。しかし,シチリアの征服を意図するカルタゴが前406年この都市を略奪,破壊した。前338年再建されるが,すぐにポエニ戦争の渦中にまき込まれ,第2次ポエニ戦争のとき破壊される。戦後復興しアグリゲントゥムAgrigentumとなるが,以前の重要性はなくなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アクラガス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクラガスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation