@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アクリルゴム【あくりるごむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクリルゴム
あくりるごむ
acrylic rubber

アクリル酸エステル(エチルエステルやブチルエステルなど)を主成分とする合成ゴムの総称。ASTM(アメリカ材料試験協会)の規格による略称はACM。特殊ゴムの一つでポリアクリレートゴムともいう。アクリル酸エステルと2-クロロエチルビニルエーテルの共重合体が代表的である。乳化重合で合成され、架橋はアミン類で行う。アクリル酸エステルとアリルグリシジルエーテル共重合体はエポキシ側鎖とアミン類の反応で橋架けする。フッ素を含むアクリル酸エステルから製造される合成ゴムは、フッ素ゴムに分類される。アクリル酸エステルとブタジエンから合成されるゴムは、硫黄(いおう)と金属せっけんで加硫ができる。ACMはとくに耐熱性と耐油性が優れ、170℃の油中でも十分耐える。主鎖中に二重結合を含まないので耐候性や耐オゾン性もよい。しかし、耐寒性、反発弾性、耐摩耗性、耐水性および絶縁などの電気特性が他の耐油性ゴムより劣る。用途は、自動車や産業機械関係のパッキング、シール、ガスケットおよびホースなどである。

[福田和吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アクリル‐ゴム
《〈和〉acryl+〈オランダ〉gom》アクリル酸およびアクリロニトリル重合物から作った合成ゴム総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくりるごむ【アクリルゴム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

アクリルゴム
アクリルゴム
acrylic elastomer

アクリル酸エステルの重合体を主成分とする合成ゴムの総称.アクリル酸エチル-アクリル酸2-クロロエチル共重合体,アクリル酸ブチル-アクリロニトリル共重合体,アクリル酸エチル-アクリロニトリル共重合体など多くの種類がある.アミン類で加硫され,すぐれた耐熱性,耐老化性をもち,高温での耐油性にすぐれているが,耐寒性が悪い.とくにフッ素を含んだものは,耐油,耐水,耐溶媒性がよく,200 ℃ 付近までの耐熱性がある.耐油,耐ガソリン,耐熱性のゴム製品(パッキングシーリング),その他耐衝撃用プラスチックとして用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクリルゴム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクリルゴムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation