@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アクロポリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクロポリス
acropolis
古代ギリシアにおいてポリス中核となった岩山。高い都市の。岩のの周囲は城壁で囲まれ,その中は多くはヒエロン (聖域) として,神殿や公共建築物が設置され,市政にかかわる重要な祭儀が行なわれ,危急の際の庇護所ともなった。アテネのアクロポリスは最も有名で,東西 270m,南北 156m,高さ 150mの岩の丘の上にある。アテネの主アテナ女神をまつるパルテノンを中心に,西側に入口となるプロピラエ城門,内域にはエレクテイオンその他いくつかの小神殿と付属建築物が配置されている。アテネのアクロポリス建造は,ペルシア戦争で荒廃したアテネを復興し,民主政治の全盛を築いたペリクレスの計画によるところが大きいが,19世期末に行なわれた発掘によってミケーネ時代 (前 13世紀後半) にさかのぼる宮殿址も見出されている。したがってアテネの伝承が始祖と伝えるケクロプス王の時代からアクロポリスは造営されていたとみることができる。アテネ以外では,テーベティリンス,小アジアのペルガモンなどのアクロポリスが有名である。アテネのアクロポリスは 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アクロポリス(〈ギリシャ〉akropolis)
《高い町の意》古代ギリシャの都市国家の中心部となる丘。守護神の神殿が設けられ、緊急の際には避難所要塞ともなった。特にアテネのものが有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アクロポリス【akropolis】
古代ギリシア都市(ポリス)の中核の丘。自然の丘を防壁で固め,その中に都市の守護神などの神殿を建ててある。非常時には最後の根拠地となるが,全市民を収容するため町全体にも城壁が巡らされるにつれて,軍事的よりも宗教的・精神的な中心となった。代表的なのはアテナイのもので,周囲から60m余の高さの石灰岩の急こう配の丘。西側だけに登り道があり,頂上台地(南北150m,東西300mほど)が防壁で囲まれ,守護神アテナの聖地となっていた(図)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アクロポリス【akropolis】
古代ギリシャの諸ポリスにおいて、市民結合の中心をなした丘。ポリス守護神の神殿が築かれ、戦時には市民の最後の砦とりでの役をも果たした。アテネのものが最も有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクロポリス
あくろぽりす
akropolisギリシア語
古代ギリシアのポリス(都市国家)において、アゴラとともに中心市の主要部を構成した小高い丘。市街を見下ろす要害の地が選ばれ、ポリスの守護神をはじめとする神々の神殿が建てられていた。アクロポリスは緊急の際の避難所や要塞(ようさい)としての役割も有しており、またその神殿の内部はポリスの国庫として利用された。アテネのアクロポリス、コリントのアクロコリント、テーベのカドメイアなどが有名である。なお、アテネのアクロポリスは1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[前沢伸行]

アテネのアクロポリス

古代ギリシアを代表するアテネのアクロポリスは、東西約300メートル、南北約150メートルの細長い丘である。すでにミケーネ時代(紀元前13世紀)には巨石を積み重ねた城壁が周囲に構築され、王宮が建造されていた。アクロポリスとして大規模な神殿建設が開始されたのは、紀元前6世紀後半の僭主(せんしゅ)ペイシストラトスの時代以後のことである。しかし、建設中のものも含めて、これらの神殿は前480年にアッティカに侵入したペルシア軍によって徹底的に破壊された。前450年代には、ペルシア戦争の勝利を記念して、フェイディアスの手になる女神アテナの巨大な青銅製の像が制作、設置された。この後ペリクレスの政策に基づいて、デロス同盟の貢租を流用した神殿の本格的な再建が開始される。ペロポネソス戦争中も建設は続けられ、前5世紀後半から前4世紀初頭にかけてパルテノン、プロピライア(前門)、エレクテイオン、アテナ・ニケ神殿などが完成した。これ以後の建築活動はわずかである。アクロポリスの周辺地域では、南麓(なんろく)のディオニソス劇場(前500年ごろ。前320年代に改築)、ペリクレス音楽堂(前443年ごろ)、ヘロデス・アッティクス音楽堂(後160年ごろ)などが名高い。
 ローマの支配下では、帝政後期のキリスト教国教化とともに後6世紀以降、アクロポリスの神殿はキリスト教会として用いられた。[前沢伸行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アクロポリス
〘名〙 (akropolis 「高い都市」の意) 古代ギリシアの高丘城砦(じょうさい)。多くのギリシア都市では、市の一番高い場所にアクロポリスを築いていた。中でもアテネのものが有名で、パルテノン神殿その他の遺跡があり、単にアクロポリスといえばこれをさす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アクロポリス
Akropolis
古代ギリシアのポリスの中心となる城山
ギリシア語で「高所」「頂上」などの意。ポリスの神を祭る神殿が設けられ,神事・軍事などに関するポリスの重要会議は,ここで行われた。また,ポリスの危機に際しては,最後の避難・防衛の場でもあった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクロポリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクロポリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation