@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アケビ科【アケビか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アケビ科
アケビか
Lardizabalaceae
双子葉植物キンポウゲ目の1科。日本や中国などアジア東部の温帯と,南アメリカのチリに知られ,特異な二極分布として注目される。7属約 35種があり,ほとんどがつる植物で,掌状複葉を互生する。花は総状花序をなし,葉腋につく。片,花弁は3枚ずつ,おしべ6本も3本ずつ2輪に並ぶ。めしべも3本以上あり子房は上位。花はしばしば,おしべまたはめしべが痕跡的に退化して,雌花雄花になる。果実液果でときに食用となる。アケビAkebia,ムベ属 Stauntonia,ラルディザバラ属 Lardizabalaなどを含む。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あけびか【アケビ科】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アケビ科
あけびか
[学] Lardizabalaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉性の藤本(とうほん)。葉は互生し掌状複葉、托葉(たくよう)はない。ただし、中国からヒマラヤにかけて分布するデカイスネア属Decaisneaは低木で、葉は羽状複葉。花は単性、3数性。雄しべは離生するか、または花糸の部分で合着するものがある。液果は比較的大きくなり、種子は数個から多数。アジアと南アメリカに9属約35種が分布する。メギ科、ツヅラフジ科に近縁な科であるが、アルカロイドは含まない。

[寺林 進 2019年9月17日]

 APG分類でもアケビ科とされる。

[編集部 2019年9月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アケビ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アケビ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation