@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アケメネス朝【アケメネスちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アケメネス朝
アケメネスちょう
Achaemenian Dynasty; Achaemenidae
古代ペルシア帝国の王朝 (前 550~330) 。イラン高原南西部に南下,定着したペルシア人の首長,アケメネス (在位前 700頃~675頃) を始祖とする。前 550年キュロス2世はメディアを滅ぼして独立,次いで新バビロニアを征服し,その子カンビセス2世はエジプトを占領した。ダレイオス1世はインド北西部まで含めて,西アジアのほとんど全域にわたる史上最初の大統一帝国を建設した。首都はスーサ,のちペルセポリスにおかれた。国王は最高神アフラ・マズダの意志によって即位したとする神権的性格をもち,「諸王の王」と自称した。中央集権体制をとり,全国二十余州にはサトラップ (州総督) のほか,国王に直属する軍司令官,徴税官,監督官をおいた。しかし異民族には寛容で,それぞれの固有の信仰,言語,風習とともに自治を認めた。農業と通商を経済的基礎とし,租税体系を確立した。道路網や駅伝制を整備し,金,銀の通貨を鋳造した。またアラム人を主とする商業資本や,ギリシア人を含む多数の異民族から成る傭兵隊が,帝国の経済,軍事上に重要な役割を演じた。ゾロアスター教が盛んになり,美術に独自の様式が生れた。イラン文明の基盤をつくったのみならず,シュメール以来の西アジア文化を集大成して一大文明圏を現出し,その影響は東は中国やインド,西はヨーロッパに及んだといわれる。しかしスキタイ遠征やギリシア遠征 (→ペルシア戦争 ) に失敗し,のちアレクサンドロス3世 (大王) の侵攻を受けて,前 330年滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アケメネス‐ちょう〔‐テウ〕【アケメネス朝】
《〈ギリシャ〉Achaimenēs/〈ペルシア〉Hakhamanish》前6世紀半ば、族長アケメネスを祖とし、キュロスが創始した、古代ペルシアの王朝。ダリウス1世のときに全オリエントを支配。前330年、アレクサンドロス大王に征服されて滅亡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アケメネスちょう【アケメネス朝 Achaemenes】
ペルシア帝国を支配した王家。前700年ごろ,ペルシア人の族長アケメネス(ギリシア語名アカイメネス,古代ペルシア語名ハカーマニシュ)にさかのぼる。当時ペルシア人はイラン高原を南下しつつあり,第2代テイスペスの時にペルシア(現,ファールス州)に定着したと考えられる。キュロス2世のバビロン出土碑文によれば,テイスペス以来アンシャン王を称している。アンシャンは同地方の古名である。第5代キュロス2世はペルシア帝国を創設して,その初代の王となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アケメネスちょう【アケメネス朝】
古代ペルシャの王朝(前550~前330)。アケメネス家(Achaemenes)のキュロス二世が西アジアを征服。ダレイオス一世の時代にオリエントを統一して全盛期を迎えた。さらにギリシャ征服を企てペルシャ戦争を引き起こすが失敗した。アレクサンドロス大王の東征によって滅亡。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アケメネス‐ちょう ‥テウ【アケメネス朝】
(アケメネスはAkhaimenes Hakhamanish) 古代ペルシアの王朝。アケメネスを祖として前七世紀頃おこり、前五五〇年メディアから独立してペルシア帝国を築く。ダレイオス一世の時、勢力はほぼ全オリエントに及ぶ。前三三一年アレクサンドロス大王に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アケメネス朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アケメネス朝の関連情報

関連キーワード

馬力質問紙法可視光線ブルンヒルデ北朝アステュアゲスグプタ朝文宣帝[北斉]北斉焼戻し脆性

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation