@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アシナシイモリ

世界大百科事典 第2版

アシナシイモリ【caecilian】
形態が太いミミズそっくりの原始的な両生類で,アシナシイモリ目Gymnophionaの総称。6科約163種が世界の熱帯地方に広く分布し,無足類の別名がある。アシナシイモリ類円筒形で細長く,まったく四肢を欠き腰帯の痕跡すらなく,左肺が退化して右肺のみ発達している。大半の種類にはがなく,あってもきわめて短い。には皮膚のひだでできた多くの環節があり,さらに環節の間にもしわがあって,まさにミミズ状といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アシナシイモリ
あしなしいもり / 足無蠑螈
caecilian

両生綱無足目に属する動物(無足類)の総称。イモリとは別の目に属し、体は細長い筒状で、四肢と肢帯を欠く。ハダカヘビともいう。多くの種では全身に多数の環状の溝があり、一見ミミズに似ている。目は小さく、皮膚の下に埋没している。目の近くに嗅覚(きゅうかく)器として機能する1対の触毛があり、体の前端下方に歯列を備えた口がある。総排出孔は体の後端近くにあるので、尾はほとんどない。皮膚の下に痕跡(こんせき)的な鱗(うろこ)をもつ種もある。体長は7センチメートルから1.5メートルに達するものまである。アジア、アフリカ、中央アメリカ、南アメリカの熱帯域に分布し、日本にはいない。4科約170種が知られている。森林内の湿った地中で生活するが、一部は水中性である。

 両生類としては例外的に雄に交尾器があり、体内受精をする。卵生種のほか、多数の胎生種を含むのも大きな特徴である。卵生種は地中に少数の大形卵を産み、親が卵を保護する例もある。孵化(ふか)した幼生は付近の水中に入って数週間から1~2年の遊泳幼生期を過ごすが、なかには遊泳幼生期を経ずに地上で変態する種もある。胎生種では幼生期は母体内で経過し、袋状のえらが栄養分の摂取やガス交換の役をする。このえらは出産前に吸収される。

[倉本 満]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アシナシイモリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アシナシイモリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation