@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アショーカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アショーカ
Aśoka
インド,マウリヤ朝第3代の王 (在位前 268頃~232頃) 。漢訳仏典の阿育王兄弟を殺して父王ビンドゥサーラの跡を継いだといわれる。祖父チャンドラグプタ以来の領土拡張策を進め,即位8年目にカリンガ王国を征服して半島南端部を除くインド亜大陸のほぼ全域の統一を完成させた。しかしカリンガ征服の際の悲惨なありさまに心を痛め,以後は軍事的征服策を放棄し,非暴力と社会倫理に基づくダルマ (法) の政治を行うにいたった。仏教に帰依したのもこの頃らしい。彼はダルマの政治の理想を近隣の国々に伝えるとともに,それを領内の磨崖石柱に刻ませ,さらに人畜のための病院を建てたり,道路に沿って井戸や休息所を設けるなど,さまざまな社会政策を実施した。北方仏教の伝説によると彼は熱心な仏教徒として8万 4000の仏塔を建て,仏跡を巡拝し,仏教教団に巨額な布施をしたという。また南方仏教徒は彼が第3回仏典結集を援助したこと,彼の子のマヒンダスリランカを開教したことなどを伝えている。アショーカは 37 (あるいは 36) 年の在位ののち没したが,彼の死後マウリヤ帝国は崩壊に向った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アショーカ【Aśoka】
古代インド,マウリヤ朝第3代の王。在位,前268年ころ‐前232年ころ。生没年不詳。パーリ語仏典ではアソーカAsokaとし,漢訳仏典では阿育と音写され,無憂と意訳される。祖父は王朝の創始者チャンドラグプタ,父はビンドゥサーラ。青年時代に属州太守として力を蓄え,父王の死後に兄弟と争って王位を継承した。王の碑文の語るところによれば,統治のはじめには祖父以来の領土拡張政策を推進し,在位第8年にインド半島北東部のカリンガ国を征服したという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アショーカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アショーカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation