@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アジア・ハイウェー【アジアハイウェー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アジア・ハイウェー
あじあはいうぇー
Asian Highway
アジア諸国の主要幹線道路を結ぶ国際道路網計画。貿易や観光の振興を図ることを目的としたこの計画は、1959年にオーストラリアのブロード・ビーチで開かれた、第15回国連アジア極東経済委員会(現在のアジア太平洋経済社会委員会、略称ESCAP=エスカップ)総会で採択され、発足した。
 計画当初、その対象地域は、西はイランから東はベトナムまで、南はインドネシアまでの15か国であり、路線数は41、総延長は6万6000キロメートルであった。1981年にフィリピンが計画に参画。1970年代から1980年代前半にかけては、ベトナム戦争、ソ連軍のアフガニスタン侵攻、イラン・イラク戦争など国際情勢の影響を受け、計画は遅々として進まなかった。しかし、冷戦構造の終焉(しゅうえん)により、1990年代に入って新たな進展がみられるようになった。1988年に中国、1990年にモンゴルが計画に参画。さらに、1995年にはカザフスタンなど中央アジア7か国が加わり、加盟国は25か国となった。これを機会に道路網の再編成がなされ、42路線、総延長9万キロメートルの新計画が策定された。1995年の時点での整備状況は、全延長の約70%が2車線舗装道路で、中央分離帯のある4車線道路はまだ一部の区間にしかない。残りは1車線舗装道路または砂利道であるが、雨季には通行できない区間や、路線がつながっていない区間が約10%ある。当面は、2車線舗装道路を最低基準として整備が進められている。
 今後の課題としては、援助を含めた建設資金の確保、国境通過手続きの簡略化、国際自動車保険制度の導入、沿道サービス施設の充実、路線地図の整備などがあげられる。将来この計画は、ロシアおよび東アジアのほかの国々へ拡大される可能性がある。[佐藤 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア・ハイウェー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アジア・ハイウェーの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation