@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アジソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アジソン
Addison, Thomas
[生]1793.4. ノーサンバーランドロングベントン
[没]1860.6.29. ブリストル,エーボン
イギリスの医師。ロンドンのガイ病院勤務中の 1855年"On the Constitutional and Local Effects of Disease of the Supra-Renal Capsules"という論文で,特有なブロンズ色の皮膚と衰弱,胃腸障害,低血圧を主訴とする病気と,副腎皮質の萎縮との関係を示した。この病気はのちにアジソン病と命名された。アジソン病は,いわゆる内分泌障害のうち最初に発見された疾患である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アジソン(Joseph Addison)
[1672~1719]英国随筆家・政治家。18世紀随筆文学の興隆スティールと共同で「スペクテーター」紙を創刊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジソン(Thomas Addison)
[1793~1860]英国の病理学者アジソン病の発見およびその研究で有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アジソン
[一] (Joseph Addison ジョゼフ━) イギリスの文筆家、政治家。スティールと共同で「スペクテーター」紙を創刊。軽妙な随筆で知られる。著に悲劇「カトー」、詩「戦」など。(一六七二‐一七一九
[二] (Thomas Addison トーマス━) イギリスの医師。アジソン病の発見者。(一七九三‐一八六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アジソンの関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)フランス史(年表)ルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)国民公会ロラングロー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation