@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アジャンタ石窟群

朝日新聞掲載「キーワード」

アジャンタ石窟群
インド・マハラシュトラ州北部の渓谷断崖に、500メートル以上にわたって築かれた石窟寺院。紀元前2~紀元7世紀ごろの間、大小30の石窟に石造仏や、仏陀生涯などを描いた極彩色壁画が残された。1819年に虎狩りをしていたイギリス軍人が偶然発見し、1983年に世界遺産登録された。
(2017-04-03 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

アジャンタ石窟群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アジャンタ石窟群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation