@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アジール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アジール
Asyl
聖域を意味する語。そこに逃げ込んだ者は保護され,世俗的な権力も侵すことができない聖なる地域,避難所をいう。古くはユダヤ教祭壇ギリシアローマ神殿,日本の神社や寺院領域が,これに当たる。国家などの支配力が,まだ民衆の生活の末端まで及ばない段階において,宗教権威によって,民衆の生活を保護する役目を担っていた。しかし,国家権力が強まるにつれてアジールの役割も奪われ,権力への反逆者をかくまう力はなくなっていく。日本でも,鎌倉の東慶寺,群馬県の満徳寺などのように,徳川家とゆかりの深い寺だけが,離婚を切望する女性の駆込寺 (縁切寺) として許されていた。織田信長などが,商人に自由な営業を許した楽市・楽座も一種のアジールであるが,このように,支配者が自己の力を強めるためにアジールを利用することもあった。子供の遊びに,決められた特定場所に入ると,「鬼」も捕えにくることができないルールのものがあるが,今や完全なアジールは,子供の遊びの世界に残るだけである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アジール(〈ドイツ〉Asyl)
犯罪人や奴隷債務者などが、報復などの制裁から保護を受けられるように慣習的に認められた場所。中世ヨーロッパにおける教会聖地自治都市などが代表的なで、法体系の整備とともに消滅した。聖庇。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アジール【Asyl】
聖域,平和領域を意味するドイツ語。英語ではasylum。ギリシア語の〈不可侵〉という語asylonに由来するアジールの制度は人類最古の法制度のひとつであり,特定の空間,人物,時間とかかわった人間が一時的に,あるいは持続的に不可侵な存在となる状態あるいはその場を示している。アジールの歴史は社会と法の構造,宗教と道徳のあり方によっていくつかの段階に分けられる。まず宗教的・呪術的な段階においては,ユダヤ教の祭壇やギリシア・ローマの神殿,ゲルマンの森などの神聖な場所や物と接触した人間が不可侵な存在となる状態を意味し,その場所に逃げこんだ者の人格逃亡の理由は問われないし,動物でさえも保護される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アジール【Asyl】
犯罪人が復讐などの制裁から守られるように、慣習的・法的に配慮された一定の領域。中世ヨーロッパにおける教会や自治都市など。サンクチュアリ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アジール
あじーる
Asylドイツ語
犯罪人や奴隷などが過酷な侵害や報復から免れるために逃げ込んで保護を受ける場所のこと。ギリシア語のasylos(害されない、神聖不可侵の意)に由来する。国家刑罰権がまだ組織的、体系的に確立していなかった前近代では、ほとんどの社会でみられた制度である。本来この制度は、聖域に入った者に害を加える(復讐(ふくしゅう)する)ことは神を冒涜(ぼうとく)するものという原始宗教観念に基づいていた。古代ギリシアでは、神殿は虐待(ぎゃくたい)を受けた奴隷や犯罪人、債務者を保護する場所とされ、神殿に逃れて神の保護に入った者を取り戻したり、これに制裁を加えることは宗教的罪と考えられた。ユダヤ民族でも、モーゼが六つの逃遁邑(のがれのまち)を設けて、過って人を殺害した者を一定期間保護したことが伝えられている。アジールはゲルマン民族にもみられるが、古代ローマでは、専制君主政時代になった4世紀に、キリスト教会が皇帝の勅令によりアジールとして認められ、これがローマ帝国滅亡後のゲルマン人諸国家に継承された。中世の封建社会になると、教権と世俗的権力の対抗のなかでアジールの数は増加し、教会や修道院ばかりでなく、渡船場、水車小屋、領主の館(やかた)などに逃げ込んだときは私的な復讐が禁じられ、裁判で和解する手段がとられるようになった。教会はこの特権を利用して権力の拡大を図ったが、16世紀以降、絶対君主の権力が確立するに伴って、フランスでは1539年、イギリスでは1624年、ドイツでは18世紀末に消滅した。未開民族の間では今日でもこの制度がみられる。[佐藤篤士]
 日本では、古く対馬(つしま)に原始的アジールの存在したことが知られるほかは、アジールの制は鎌倉時代以後、仏教寺院において発達した。ことに室町末期ごろから戦国時代にかけて、寺院アジールの制は発達したようである。もっとも、すべての寺院がその特権を有していたわけではなく、分国の国主の菩提寺(ぼだいじ)(たとえば薩摩(さつま)の島津家の菩提寺福昌寺(ふくしょうじ))など、とくに国主と関係の深いものにこの特権が認められることが多かった。対象は主として、犯罪人と逃亡した下人(げにん)である。しかし、分国内の政治的統一が強化されるにしたがって、アジールの特権も国主などによって否定された。織田信長や豊臣(とよとみ)秀吉もこの政策を踏襲した。江戸幕府も同じ方針をとったので、江戸時代には前記の意味のアジールは一般的になくなったが、縁切寺(えんきりでら)(東慶寺、満徳寺など)の制はその名残(なごり)と考えられる。[石井良助]
『平泉澄著『中世に於ける社寺と社会との関係』(1926・至文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アジール
〘名〙 (Asyl) 犯罪者、負債者、奴隷などが逃げ込んだ場合に保護を得られる場所。世界各地にわたって聖地や寺院などにその例が見られるが、法体系の整備とともに失効している。聖庇。聖域。避難所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アジールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation