@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アステカ王国【あすてかおうこく】

世界大百科事典 第2版

あすてかおうこく【アステカ王国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

アステカ王国
アステカおうこく
Azteca
14世紀から16世紀初めにメキシコで栄えたインディオ(先住民)の王国。アズテック(Aztecs)王国ともいう
アステカ族は遊牧民の出であるが,メキシコ高原に定着後は先進諸文化の遺産を継承し,15世紀初めにはテノチティトラン(現メキシコシティー)を首都とする大統一国家を建設した。遺跡・遺物が多く残り,さらにスペイン人の記録により,その歴史・文化は中央アメリカ諸文化中,最もよく知られている。軍事的指導者たる国王と神官階級による神政が行われ,象形文字を用い,天体観察にもすぐれていた。壮麗なピラミッド神殿・宮殿・美術品を造り,高度の文化を持っていたが,スペイン人コルテスにより1521年に滅ぼされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アステカ王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アステカ王国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation