@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アストラカン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アストラカン
Astrakhan
アジア中西部の羊の地方品種であるカラクール種の胎子または初生子の毛皮。おもな輸出港がアストラハンであったのでこの呼び名がある。黒色で縮毛,毛は極度に密生し,光沢に富むため,装飾用,防寒用として珍重される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アストラカン(astrakhan)
アストラハン市特産の巻き毛の小羊の毛皮。また、それに似せて作ったビロード織りの一種帽子コートなどに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アストラカン【astrakhan】
ロシアのアストラハン地方に産するカラクール種の生まれたばかりの子ヒツジの毛皮。表面に渦巻状の巻毛があり,柔らかく光沢が美しい。色は黒がほとんどで,表面に強く捻った輪奈が出ているものと,輪奈を切って毛羽をたてたもの,またこの両方のまざり合ったものがある。この毛皮の感触に似せた織物もアストラカンと呼ばれ,厚地パイル織で,ビロードのような紋柄を織り出したものもある。黒,灰色が基調色だが,多彩なものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アストラカン
あすとらかん
astrakhan

もとはロシアのアストラハン地方で産するヒツジ(カラクールkarakul種)の胎児、または子ヒツジの毛皮をさすが、織物では、それに似た柔らかい巻き毛の毛羽(けば)で覆われた厚地の毛織物をいう。アストラハン地方の羊毛は、黒く玉状によく縮れ、光沢に富むが、毛皮は非常に高価なため、外観を似せたパイル(輪奈(わな))織にする。地(じ)組織には、梳毛糸(そもうし)、綿糸、スフ糸を使い、パイル糸には光沢のある堅い毛かモヘアを、あらかじめ強く捲縮(けんしゅく)させておいたのち、経(たて)・緯(よこ)いずれかのパイル組織に織り上げる。この輪奈になった部分を切断しないものと、切断して毛羽立てしたものがあるが、いずれも熱処理をして、かさ高く輪状に巻き毛を保つように仕上げる。染色の色調は黒が多い。厚地で保温力があるため、防寒用帽子、婦人オーバー地、外套(がいとう)の襟などに用いられる。

[角山幸洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アストラカン
〘名〙 (astrakhan) 西アジア地方に産する、羊の胎児や、生まれたばかりの子羊の毛皮。帽子や婦人オーバー地として珍重。また、それに似せて織った織物。もとロシアのアストラハン(Astrahan')地方で産した。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アストラカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アストラカンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation