@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アストラハン・ハーン国【アストラハンハーンこく】

世界大百科事典 第2版

アストラハンハーンこく【アストラハン・ハーン国 Astrakhān Khān】
キプチャク・ハーン国の継承国家の一つで,1466年カーシム・ハーンQāsim Khānがボルガ下流域に建国した(‐1556)。トルコ語ではAstırhan Han。住民の多くはトルコ・モンゴル系の遊牧民であったが,カスピ海北岸に位置する首都のアストラハンにはボルガ流域,カフカス,イラン,トルキスタンなどから多くの商人が訪れ,市は商業の中心地として発展した。しかし,ハーン国はクリム・ハーン国の干渉内紛によって弱体化し,イワン4世(雷帝)の攻撃を受けて,1556年ロシアに併合された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アストラハン・ハーン国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アストラハン・ハーン国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation