@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アストロラーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アストロラーブ
astrolabe
イスラムの天文学者が発達させた天体高度測定器で,ヨーロッパには 13世紀に伝えられた。 16~17世紀の大航海時代の天文航法には欠かせない計測具で,16世紀後半には日本にも伝えられ,朱印貿易船の航海に使用された。当時日本ではアストロラアビヨとかイスタラビと呼んでいるが,前者はラテン語の astrolabium,後者はポルトガル語の astrolabioからきたものである。アラビア語でアストゥルラーブ asturlābという。紐でつるした目盛りつき円盤に,天体の位置を示す指針が取付けてある。その後,正三角形プリズムと水銀盤を用い,天体がある高度に達した時刻を測定して,観測地点の緯度および経度を決める器械をいうようになった。野外観測に用いられてきたが,パリ天文台長の A.ダションにより高精度観測器械に改良され,緯度変化などの精密観測に使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アストロラーブ【astrolabe】
アストロラーベともいう。天体の高度を測るために古代から使われた簡単な観測器械の名であったが,現在では経緯度決定に使われる高級な天体観測装置をいう。この装置は恒星が一定高度(角度で45度または60度のことが多い)に達する時刻を測定するもので,3星以上の観測から経緯度を同時に決定できる。この方法は大気差の影響を一定値として近似的に除去できるのが特徴である。観測高度を一定に保つ方式がこの装置の重要な点で,プリズムと水銀面を使用する型式,振子式につり下げた補償鏡とプリズムを組み合わせた型式などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アストロラーブ【astrolabe】
古代から中世にかけて使われた天文測量器械。天体の高度を測定するのに用いる。占星術などにも用いられた。江戸初期にはアストロラビヨ・イスタラビなどと呼ばれた。
正三角形のプリズムと水銀盤面を利用するなどして、天体の高度が60度に達した瞬間の時刻を観測し、その地点の経緯度を精密に求める装置。アストロラーベ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アストロラーブ
〘名〙 (astrolabe) 正三角形プリズムと水銀盤を組み合わせた天文測定装置。天体の高度が六〇度に達した時刻を測るもの。A=ダンジョンが改良し、現在、時刻観測用に広く使用されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アストロラーブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アストロラーブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation